「低所得の家庭ほど私学に通うので生活がきつい」 公立との格差をなくす助成要求―山形

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――山形県の保護者「低所得の家庭ほど私学に通うので生活がきつい」公立高校との格差をなくすよう助成要求

努力の方向性がおかしくないか…。県立や公立の高校に行けるよう勉強や教育を頑張る、とはならないのだろうか。

田舎の方だと、確かに公立のほうが難しかったりしますからね。

山形県で、保護者らの団体が、「私学にやる家庭ほど低所得の傾向にあり、私生活に支障が出る」とのことで、私学助成金などを要望する意見書を提出しました。

山形県 私学

参考元→http://www.yomiuri.co.jp/national/20150213-OYT1T50068.html

■署名を持って県庁・知事へ要望書提出

12日、山形県内の私立高校の教諭や生徒の保護者でつくる「県私学助成をすすめる会」が、公立高校との教育費の負担の差をなくす要望書を吉村知事に提出した。

同会は、「低所得の家庭ほど私学に通う傾向がある」とした上で、「学費と家賃を払ったらギリギリの生活であり、もう少し踏み込んだ補助をしてほしい」と説明。

公立高校との負担費用格差をなくし、私学助成を拡充するように求める要望書を10万5726人分の署名とともに県庁に持ち込み、知事に提出。

県内の私立高校に通う生徒122人が3ヶ月以上の学費を滞納している現状なども説明した。

要望を受けた吉村知事は「日本の将来を担う高校生が安心して通えるよう、できる限りのことをしたい」とコメントしている。

■ネットの反応

「低所得の家庭ほど私学に通う傾向にある。補助をしてほしい」
>勉強して市立に行けるように努力しないのか……理解できない

低所得ではなく低学力、でしょ。頭悪いからアホでも入学できる馬鹿高い私学に行かせろってのは無理があるんじゃね

塾に通わせるお金がなくて結果として受け皿の大きい私学に通わせることになって。。。てことかな

そんなことしたら格差の固定化を助長するだけだぞ。それよりも公立小中学校での学習指導にもっとリソースを投入して進学機会の公平化を図るべし

おかしな話だよなぁ。県立に行けなかったのは誰のせいなのかな?自分等の判断で私学に行って、学費が高いから助けろですか…無茶苦茶だよね。

金がないというなら、なぜ定通という選択肢をとらないのか?

高校は義務教育じゃねーから、そんなに金払いたくなかったら勉強して公立行けよ

奨学金借りろ

地方は私立の方が学力が低いので滑り止めで受けますよね

なぜタカリ前提の子育て…

何言ってんだ?

学力は所得と比例する場合が多いですが、自ら露わにしていくスタイル。

義務教育じゃないんだし、努力して公立に入ってそれでも家庭のお金が足りないとかならまだしも、公立受からずに私学に入った結果、お金が足りない…なんてのはナシでしょ。

家庭の所得などを理解して公立に入れるよう努力してる子供もいるわけですしねえ・・・。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑