【IS】三重の小学5年、後藤謙次さんの遺体画像を授業で検索し11人が体調不良に

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 IT, らいとめNews

――IS、後藤謙次さんの遺体画像を授業で検索した小学5年 11人が体調不良を訴える

教諭が”見せた”ではないようですが、総合学習の授業でパソコンを使用。

小学5年生が過激派組織ISに殺害されたとみられる遺体画像を検索し、11人が体調不良を訴えたそうです。

自分たちで検索したそうですが、青少年ネット規制法(フィルタリング)等が問題の争点になるかもしれません。

後藤謙次の遺体を検索した小5、体調不良

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000122-mai-soci

■三重県の小学校 自分で検索閲覧し体調不良に

18日、三重県桑名市教育委員会が発表したところによると、同市内で、総合学習の授業中にイスラム過激派組織ISが殺害した後藤謙次さんとみられる遺体画像を小学5年生18人が検索・閲覧、うち11人が体調不良を訴えたとのこと。

市教委によれば、18人は総合学習の時間、自分たちでパソコンで検索し閲覧したとのことで、授業はパソコン室と通常の教室とを行き来しながら行われた。

当時、担当の教諭は教室にいたそうだ。11人は、画像を閲覧後、「気持ちが悪い」と保健室へ行き、うち2人は下校時に保護者の迎えを必要とした。

学校側は、このクラスの全児童宅を家庭訪問、経緯などを説明。今後はスクールカウンセラーが児童のケアにあたるとしている。

■ネットの反応

フィルタリングも完璧ではないし、リテラシー教育は必要だよなあ。調べ学習のテーマは何だったのかしら

フィルタリングなんか追い付かないし、知識はそれなりにあるし、でもリテラシーなんてまだまだなのが、これくらいの年齢

青少年ネット規制法ってどうなったんだっけ?フィルタリングしてないのダメじゃ?

体調不良になった子供より若い子が、現地では戦争の道具にされているんだからたまったもんじゃない。できることを粛々と。

わざわざ検索したのなら自業自得じゃないか。有害サイトでなく、普通のサイトに画像があった場合はフィルタリングも難しいだろうし

大人にもキツイのに。現在のネット環境だと、こういう小学生もっと出てくるんじゃないかって思う

授業で使うなら、フィルタリングが必要な事を教師は理解しないといけないのだが 教える側の教師が、ネットを分かっていないのが現実

■「青少年ネット規制法」

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法 の略称。

「インターネットにおいて青少年有害情報が多く流通している状況にかんがみ、青少年のインターネットを適切に活用する能力の習得に必要な措置を講ずるとともに、青少年有害情報フィルタリングソフトウェアの性能の向上及び利用の普及その他の青少年がインターネットを利用して青少年有害情報を閲覧する機会をできるだけ少なくするための措置等を講ずることにより、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにして、青少年の権利の擁護に資すること」を目的としている。

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法 WIKI

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. 名無しさん より:

    情報を規制するより、茶化すことなくどういうことか諭すほうが大事だろ。
    サンタを信じる馬鹿を育てるより、サンタが宗教的に商業的にどう利用されてきたかを知るほうが子供の将来のためになる。

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑