32歳無職の息子と父親が殺し合い寸前のケンカ 発端は寝坊でフィギュアを買えなかったこと…

公開日: : らいとめNews, 生活

――32歳無職の息子と父親が殺し合い寸前のケンカ 発端は寝坊でフィギュアを買えなかったことへの逆ギレ…

32歳にもやって何やってるんだ…。親の育て方が~という意見も少なくないようですが、ここまで行くと同情しますかね…。

簡単な流れ

32歳ニート息子、ワンフェスの日に寝坊し目当てのフィギュア買えず

「起こしてくれなかったせいだ!」「入場料(2000円)が無駄になった」とオカンのせいにして逆切れ

おかん「2000円払うから…」

親父「払う必要ない!」

争いになり、息子が煙草を吸う父親の頭からストーブの灯油をかける

このままでは「家族も殺される」と感じた親父がハンマーで応戦し、息子の意識を失わせる

妹が通報し、二人揃って逮捕

ワンフェス

参考元→http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150219-00004849-sbunshun-soci

■ハンマーで応戦した父の苦悩

8日、千葉市美浜区の集合住宅に住む調理師の父親(64)と無職の長男(32)が壮絶な親子ケンカの末、揃って逮捕された。

喧嘩では、カッとなった長男が「燃やしてやる」とタバコを吸う父親の頭にストーブの灯油をかけ、「このままでは自分だけでなく家族も殺される」と思った父親は自宅にあったハンマーで応戦。長男の後頭部を複数回殴打して意識を失わせた。

帰省中の妹が警察に通報し、父親は殺人未遂容疑、長男は殺人未遂・現住建造物等放火未遂容疑で両者逮捕となった。

事件の当日は、幕張メッセで行われていたガレージキットのイベントの日で、長男はこのイベントにフィギュア関連の商品を買いに行く予定だった。

しかし、寝坊して遅刻。目当ての商品が買えず、入場料2000円が無駄になったと機嫌が悪かったという。

帰りは雨が降ってきたため、長男は母親に電話し車で迎えを頼んだが、車中でも運転してきた父親と音楽の音量といった些細なことで口論となっていた。

帰宅後にも長男は起こしてくれなかったせいで買えなかった」「入場料が無駄になったなどと愚痴。母親は(機嫌を直してもらおうと)「入場料を払う」と言ったが、父親が「払う必要はない」と激怒。そして両者相手を殺してしまう寸前までの壮絶な喧嘩となったようだ。

長男は千葉県内の高校の建築科を卒業後、整備関係の仕事に就いたが、精神的な病気を理由に約2年前までに退職しており、その後はブラブラしていたという。

特にこの1年は、「夜中に壁を叩いたり大声で叫んだりしていた」と近隣住民は話している。

逮捕後に、父親は「悪いことをした」と反省を示しているが、長男に反省の言葉はなく、今後は精神鑑定も視野に入れ、慎重に取り調べを進める予定だと捜査関係者は話す。

父親に対しては、捜査幹部からも同情の声が上がっているそうだ。

■ネットの反応

朝は自分で起きるのが普通では? 入場料、物が買えないなど、自分の責任では? お父さんがお気の毒です

そんな近所に住んでいて寝坊して買えなかったとか甘え過ぎだっつの。精神疾患は理由にはならん

ワンフェスで目当てのフィギュアが買えなかったのが発端とか凄まじいな。

息子が全面的に悪いだろ。父親は、正当防衛ではなく、過剰防衛になってしまうのか?

車を寄越すとか入場料払おうとするとか見ると、今に始まったことじゃないよな

アホ息子と過保護親…

32歳で恥ずかしすぎる

虚構新聞じゃないのか…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑