高知にセブンが初進出 オープンには行列も

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――高知にセブンが初進出 オープンには行列も

セブンでもスタバでも、他の場所では当然のように存在するお店も、”初”となればそれはお祭り騒ぎ。

6日、高知県で初の「セブン-イレブン」がオープン。

開店には関係者およそ200人が参加。お客も開店前から列を作り、店内に入れないほどの行列を作りました。

高知にセブン

参考元→http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150306/k10010005921000.html

■県内初となるセブン-イレブンがオープン

コンビニ最大手の「セブン-イレブン・ジャパン」が6日、高知県内で初めてとなる店舗をオープン。高知県への進出を果たした。

セブン-イレブンは、全国に約1万7500店舗を展開するコンビニで、一昨年3月から四国への進出を進めてきた。

6日には、高知県で初となる「セブン-イレブン」店舗を高知市内に3店舗オープン。競争の激化するコンビニ業界において、セブンが高知へ参戦となった。

3店舗のうち、高知市稲荷町の店舗で開かれた開店式典には、古屋一樹副社長ら関係者200人が参加。テープカットで開店を祝った。

なお、セブン-イレブンは高知県への進出にあたり、市内のスーパーと提携。新たな出店や地元に密着した店作りに協力するとしており、今年中には30店舗の展開を計画している

来月には「ローソン」が市内スーパーとの合弁会社を作り営業強化を図るとされており、競争は激化しそうだ。

■ツイッターでの様子

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑