パワハラ問題で大阪府の中原教育長が辞職 ”お友達人事”のツケとの声も

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――パワハラ問題で大阪府の中原教育長が辞職 ”お友達人事”のツケとの声も

懲戒免職とかではなく辞職なんですね。

橋下徹市長と大学時代の友人で、府知事時代の公募された高校校長を経て教育長となった中原徹教育長。

この度、部下への”パワハラ”が問題視され、続投への批判が高まっており、辞職する考えを表明しました。

中原徹教育長

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00000033-asahi-soci

■「教育長として不適切」との報告書や教育長たちからの要望書提出される

11日、大阪府の中原徹教育長(44)が教育長を辞職する考えを、教育委員会の臨時会議にて明らかにした。

中原氏は部下への”パワハラ”や威圧的な言動が前々より問題視されており、2月20日には府教委の第三者委員会から「教育長として不適切」との報告書が公表されている。

また、この他、府内41市町村の教育長らから「毅然とした対応を求める」などとした要望書も提出されており、中原氏の続投に対する批判は高まっていた。

第三者委員会の報告書内容によれば、中原氏は、意見の食い違った部下4人に対しては配置転換や解職をほのめかしたり、大勢の前で叱責したりしていた。

ほかにも、女性の委員に対して罷免要求をちらつかせたりもしていたという。

中原氏は橋下徹・大阪市長の大学時代の友人で、橋下氏の府知事時代に公募された府立高校の校長を経て、2013年春に教育長に就任した。

■ネットの反応

橋下さんの任命責任も重いと思います

自分は悪いことしたとは思ってないけど迷惑かけたから辞めます、という態度にむかつく

お友達人事のツケだな…

権力者のお友達への告げ口で偉くなった奴が権力をバックに居丈高に振る舞うのが過ぎて辞職に追い込まれる 実に痛快

もちろん最初から教育長になんぞなってなければ、もっと良かったがな

教育長がパワハラって最低やな。こういうのがいるからイジメがなくならない

(今回の件とは関係ないですが)前々からちょっと思ってましたが橋下氏と名前だけでなく、顔とか雰囲気もどことなく似てますよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑