ローソンがココストアの買収交渉へ…ファミマのサークルKとの統合に対抗 ”三国”時代到来か?

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 IT, らいとめNews

――ローソンがココストアの買収交渉へ… ファミマのサークルKとの統合に対抗

コンビニ業界国内2位の大手ローソンが、東海地域を中心に展開する中堅コンビニ・ココストアを買収する交渉に入ったとのこと。

先日、業界3位・ファミリーマートと4位・サークルKサンクスが経営統合の協議に入ったばかりであり、遅れを取らぬように対抗。

ローソンとファミリーマートでの協力関係というのもあるかと思っていましたが、さすがにそれは寡占とかにでも引っかかるのだろうか。

それにしても、セブン-イレブンはそれだけ独走してるってことなんでしょうね…。ヤバイな、セブン。

ローソン

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00000013-asahi-bus_all

■中堅を巻き込み、コンビニ再編が加速

ローソンがココストアの買収交渉に入ったことが判明。ファミマとサークルKサンクス(を傘下とするユニーグループ・ホールディングス)は経営統合を協議に入ったばかり。

コンビニ業界の再編劇は中堅コンビニも巻き込んで加速してきた様相。

ローソンが買収へ乗り出したのは、規模拡大に遅れを取らないためであり、交渉入りは複数の関係者が12日に認めていることから分かった。

業界トップのセブン-イレブンの店舗数(2月時点)は、1万7941店、ファミマとサークルKサンクスを足すと1万7681店。ローソンは1万2276店と両者に大きく遅れを取るため、今回の交渉入り。

ローソンは昨年12月には、広島を中心とするポプラ(525店)に5%を出資。2011年以降に、サンクスの富山や千葉、鹿児島などの約400店、今年に入って2月以降はスリーエフの四国約80店をローソンに鞍替えさせている。

ココストア含め、下位コンビニを取り込んでいく方針だ。

■ネットの反応

何だか「信長の野望」みたいな事になってきてるな

地元独自のコンビニがなくなるのも何となく寂しい

ココストアは、店舗で作る弁当・おにぎり類を店舗(一部を除く)で作るのが魅力…。くら替えして、それがなくなるのはイヤだなぁ…

コンビニ三国志大戦始まりそう

今年は何度もコンビニ勢力図を書き換えることになりそうだ

最終的にセブン、ローソン、ファミマの3グループになりそうな

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑