「LINE」に脆弱性見つかる 通信内容や認証情報など抜き取られる恐れ

公開日: : IT, らいとめNews

――「LINE」に脆弱性見つかる 通信内容や認証情報など抜き取られる恐れ

「知ってた」との声も少なくないよう。

以前には韓国政府が情報を傍受、データの保管や分析をしていることを(政府が)認めたり…といった話もありましたが、今回、セキュリティー上の結果が見つかった模様。

「LINE」は16日に、それらに対策した最新版を公開し、更新を呼びかけています。

LINE

参考元→http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H3R_W5A310C1CC0000/

■「LINE」に情報漏洩の恐れ、更新呼びかける

16日、アプリ「LINE」に通信内容などの漏洩につながる恐れのあるセキュリティー上の欠陥(脆弱性)が見つかっていたことが判明。

運営会社であるLINE(東京・渋谷)は、安全対策を終えた最新版を公開しており、利用者に更新を呼びかけている。

この欠陥が悪用された場合、偽の無線LANのアクセスポイントや”友だち申請”を通して不正プログラムに感染し、通信内容や連絡先リスト、写真、認証情報などが抜き取られる恐れがあるとのことだ。

この脆弱性は情報セキュリティー会社のスプラウトが発見。1月30日に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)に報告していた。

LINEは2月3日にIPAからの通知を受けて、3月10日までに安全対策をした最新版を公開した。

■ネットの反応

至急、アップデートを

お使いの方は早めに更新を

スマホ使ってる以上、ある程度は漏れるのは仕方ないけどさ。でも、わざわざあやしいアプリ使って電話帳データ預けるなんて自殺行為。韓国の会社だよ。

今さら 何を言ってるんでしょうね 分かってた事でしょ?

ガラケーのワイ、高見の見物。

韓国に傍受されてるって話は前からあったけど、その具体的な手段がこれだったってことなのかね

すでに知ってた感があるのは俺だけだろうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑