GoogleマップにFA-18が映り込むという貴重画像、「航空自衛隊の~」と紹介され総ツッコミ

公開日: : らいとめNews, 生活

――GoogleマップにFA-18が映り込むという貴重画像、「航空自衛隊の~」と紹介され総ツッコミ

Googleマップに7色に光る戦闘機が写真に映り込むという、貴重な画像がツイッターに投稿された。

ライブドアのトピックニュースが取り上げ注目を集めているようだが、同時に『航空自衛隊のFA-18か』との編集タイトルに総ツッコミが入っている模様。

「空自っていつFA-18買ったの?」「ホーネット自衛隊に配備されたのか…!」「在日米軍のじゃないの…w」などなど。

■元ツイート

ツイートでは”厚木”のFA-18と書かれている。

↓ ↓

『Googleマップに7色の飛行物体が出現 航空自衛隊のFA-18か』

FA-18

http://news.livedoor.com/article/detail/9894762/

ツイッターでは総ツッコミ。

そもそも「厚木(基地)の」F/A-18が、どこから「航空自衛隊の」になったんだ?

在日米軍のじゃないの…w

「航空自衛隊のFA-18」という単語に編集の無能さを感じる

航空自衛隊にはFA-18なんて存在してません…

空自はホーネット持ってないぞw

・・・などなど。

■F/A-18と厚木海軍飛行場

F/A-18は、米国のマクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機。

アメリカの軍用機命名規則はハイフン以外の記号の使用を禁じており、正式にはFA-18である。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。

スズメバチを意味するホーネット(Hornet)が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。

運用者:
アメリカ合衆国(海軍、海兵隊)
オーストラリア(空軍)
スペイン(空軍)
カナダ(空軍)他

F/A-18 (航空機)

厚木海軍飛行場

神奈川県綾瀬市と大和市にまたがる飛行場で、アメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している軍事基地

県内で唯一、固定翼ジェット機が離着陸できる航空施設である。航空管制は海上自衛隊が行なっている。

通称は厚木基地、厚木飛行場。海上自衛隊では厚木航空基地と呼ばれる。

厚木海軍飛行場

■ツッコミはさておき…

FA-18が、衛星写真撮影の際に写り込み、速度と撮影のタイミングで起きた現象だと推測できるが、このような事例は極めて珍しい。

一度確認してみてはいかがだろうか。

Google Map:該当の地図

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑