ジェル洗剤を子供が誤飲する事故が多発、親の管理も問題に

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――ジェル洗剤を子供が誤飲する事故が多発、親の管理も問題に

前々から誤飲の事故が多数報告されていた「ジェル洗剤」。

キラキラしており、弾力もあるためお菓子のように見えてしまい間違って口にしてしまうケースが多いよう。親も手の届かないところにしっかり保管しましょう。

誤飲事故について、18日に国民生活センターなどが昨年から152件の事故が起きていることを報告。注意喚起を呼びかけました。

ジェル洗剤

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000111-jij-soci

誤飲事故多発、誤飲してしまった場合の対処

18日、消費者庁と国民生活センターが、ジェル状の洗剤について、昨年4月~今年の1月末までに誤飲などの事故が152件起きていることを報告。

3歳以下の乳幼児の事故が大半を占めており、注意喚起をした。

ジェル洗剤は1回の洗濯に使用する分を水溶性のフィルムで包んでおり、事故の多くは乳幼児が噛むなどしてフィルムが破損。中の液体が飛び出して口や目に入るケースが多かったという。

経済協力開発機構(OECD)の調査では、同様・類似の事故は世界で年間約1万6000件以上報告されているそうだ。

誤飲した場合は無理に吐かせないで、水や牛乳などを少量飲ませる処置をした後、速やかな受診が必要。目に入った場合はこすらず、水圧が弱めの水で10分以上洗い、眼科を受診してほしいとしている。

ジェル洗剤

ジェルボール

第三の洗剤として近年注目を浴びたジェルボールの洗剤。CMなどでも多く宣伝され人気を拡大している。

ジェルボール型洗剤は既に海外25カ国で発売されており(14年時点)、イギリスでは市場の約20%を占めているといい、12年より導入されたアメリカでも1年で約8%のシェアを得たという人気商品。

指で摘んで入れるだけの大変便利な洗剤だが、乳幼児のいる家庭は注意が必要。

弾力があり、見た目などもキラキラしているため、ゼリーなどと間違えて誤飲するケースが多発。

水に触れるとフィルムが破れ、洗剤が口内に入ることから、繰り返し吐くなどの症状が出るという。

乳幼児は何でもとにかく口に入れたがるため、親が目を光らせて管理したい。

ネットの反応

メーカーが悪いってのはおかしいよ。乳幼児は何でも口に入れるんだから,大人が気をつけないと

ジェル洗剤の誤飲が騒がれてるけど、蒟蒻畑と同じ臭いを感じるよ。己の管理能力がないのを棚上げして情けないね

親が馬鹿だと子供も大変だな……。どういう管理をしてるのか調査した方が早いんじゃないの

ジェル洗剤の誤飲件数って、冷たいようだけどちゃんと保護者が隠しておけよって話

いかにも子供が興味を持ちそうなデザインだな、と思ってたらやっぱりか。ちゃんと手の届かない所に置いておかないとダメだろ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑