マタニティマークに不快感 妊婦に肘鉄… ”マタハラ”の実態

公開日: : らいとめNews, 生活

――マタニティマークに不快感 妊婦に肘鉄… ”マタハラ”の実態

マタハラとか以前に、人に肘鉄とか人としてどうなの…。

19日に放送された「いっぷく!」では、マタニティマークをつけることで差別を受けた事例などを紹介し”マタハラ”の実態に迫った。

番組での一例として、妊婦が通勤時間の電車の中で、男性から「どけ」と言われ肘鉄を受けた事例が取り上げられた。男性の行動は「マタニティマーク」へ不快感を示したのが理由だという。

他にも、「特別扱いしてくれと言わんばかりで腹ただしい」「キツイなら妊娠するな」「働いているサラリーマンだって相当キツイんですけど」など、マタニティマークへの批判はかなり多い、と紹介された。

マタニティマーク

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9908075/

■「マークを作らなければならないこと事態が問題」

19日の「いっぷく!」(TBS系)では、妊婦が”マタニティマーク”を着けることで差別を受ける事例が紹介された。

マタニティマークは、妊婦の安全性と快適さの確保のため、厚労省が06年より始めた取り組み。

目立つところにマークを着けておくことで、見た目分かりにくい妊娠初期からでも妊婦だと視認できるようにと作られたものだ。

しかし、このマークを着けていることにより、嫌がらせなどを受ける実態もあるといい、あえて使わない妊婦までいるという。

番組では、電車内で男性に肘鉄された事例を取り上げた上で、他にもネット上で「特別扱いしてくれと言わんばかりが腹ただしい」「キツイなら妊娠するな」などの批判が寄せられていることも取り上げた。

これに対して、厚労省担当者は、「マークをつけているから席を譲ってほしいという意味とは限らない」「マークの持つ幅広い意味をご理解いただけたら」とコメントしている。

また、VTRの後、スタジオトークでは出演者たちが

「マークを作らなければならないこと事態が問題」(毎日新聞記者・元村有希子)
「想像力が欠如しているのでは」(タレント・黒田知永子)

と自身の考えを示し、TOKIOの国分が「生まれてきたんですもんね、みんな」とまとめると、ライムスターの宇多丸氏も「(妊娠したら偉いのかという批判を引き合いに)お前どうやって生まれてきたんだよ」と憤慨する様子を見せた。

■ネットの反応

本当かは分からないけど、本当ならひどい

通勤のサラリーマンほど、他人に無関心で心の無い人と思うわ・・・

マタハラじゃないですよ、暴行罪です。

こんな日本で子どもが増えるわけないじゃん

男性からの被害より、女性からの被害事例が多いと何度か鉄道会社の方から聞いたが、女性視聴者比率の高い情報バラエティ番組では言えないだろうな

当に通勤電車での妊婦・子連れへの冷徹さは異常。席譲って感謝されることから始まる1日はイイと思うし、そういう心の余裕ない奴ほど仕事もイマイチだと妄想

論外だとは思うけど、殺伐としてるのも事実だよな

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑