京都工芸繊維大学の教授が「水銀」流し懲戒処分 「お前らの健康なんて知ったことではない」

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――京都工芸繊維大学の教授が「水銀」流し懲戒処分 「お前らの健康なんて知ったことではない」

60代の教授でこれか・・・。

それにしても停職6ヶ月の処分だけって甘くないですか…。

20日、京都工芸繊維大学の下水から水銀が検出され、水銀ふくむ廃液をそのまま流していた教授が懲戒処分となりました。

教授は、指摘した学生には「お前らの健康なんて知ったことではない」など不適切な発言までしていたとのこと。

水銀 教授

参考元→http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2013342991.html

■「水で薄めれば大丈夫だと思った」

20日、京都工芸繊維大学(京都市左京区)の下水から基準値を超える水銀が検出された問題で、水銀を不適切に取り扱っていた工芸科学研究科の60代男性教授を停職6ヶ月の懲戒処分としたことが分かった。

法律では、鍵のかかる場所に保管、処理せず下水に流すことなどを禁止している水銀の取り扱い。

しかし、この教授は平成3年頃から水銀を保管庫の外で放置したり、水銀を含む廃液をそのまま下水に流したりしていたとのことだ。

男性教授は「使う頻度が多くなかった上、量もそれほど多くなかったので水で薄めれば下水に流しても大丈夫だと思った。反省しています」と話しているそうだ。

また、この教授は水銀による健康被害を心配した学生からの指摘に、「お前らの健康なんて知ったことではない」などの暴言を浴びせていたことも分かった。

教授の研究室に所属していた(問題を指摘した)女子大学院生は、教授からの暴言にショックを受け、その後は別の研究室に移っていた。

大学側は、職務上の義務に違反する行為であり、大学の信用を傷つけたとして、20日付で停職6ヶ月の懲戒処分に。

「学生や社会に対し深くお詫び申し上げます。全力で信頼の回復に努めてまいります」と謝罪した。

■ネットの反応

何の研究をしてたんだろうか

停職で済むとか処分甘すぎ。実名報道すらないのか

水俣病を知ってる世代がこのクズ発言・・・情状酌量の余地はないので逮捕で

>「お前らの健康なんて知ったことではない」
殺人とかテロの類だと思うんだけど

もうこの教授に水銀飲ませてあげろよ 健康どうでもいいんだろ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑