ワタミ「料理やサービスのレベル低いことに気づいた」ため値下げ、料理のボリュームも減らす

公開日: : らいとめNews,

――ワタミ「サービスや質が低いことに気づいた」ため値下げも、料理のボリュームも減らす

これで本当に改善されると思っているのだろうか…。

ワタミが「料理やサービスのレベルが低い」ことに気づいたらしく、価格を下げるそう。

客単価が2850円 → 2600円程度に抑えるとのことだが、「2600円って特に安くなくね…」との声も。

さらに価格を下げるのに合わせ、料理に使う材料やボリュームも減らすそうで、それ最近どこも原材料の高騰などでやってることと大差ないのでは・・・。

ワタミ

参考元→http://www.sankei.com/economy/news/150319/ecn1503190035-n1.html

■「お客様に価値をかんじてもらえる店が作れなかった」

19日、ワタミの清水邦晃社長は、居酒屋チェーンの「和民」「わたみん家」などのメニューを改定することを会見で発表。

一皿あたりの平均単価を1割ほど引き下げる。

「和民」では、4月9日よりメニューを改定。

生ビールジョッキ(税抜き) 490円 → 450円
ハイボール 450円 → 290円
料理一皿あたりの平均単価 449円 → 401円
客単価 2850円 → 2600円

と、約10年ぶりの大幅値下げで客離れを防ぎたいとの狙いだ。

また、人手不足により接客サービスの悪化には、調理工程数を大幅削減、料理が届くまでの時間を短縮することで対応する。

工程削減のため、使用する食材の種類は3割減らし、また料理一皿あたりはボリュームを減らすなどするとのこと。

清水社長は会見で、

「料理やサービスのレベルが低く、価格を上げてきた中で、お客さまに価値を感じてもらえる店が作れなかった」

と最近の経営不振を分析。値下げによる満足度向上を図りたいとの考えだ。

■ネットの反応

値下げより質の向上をお願いしたいのだが

値段を下げるけど量も下げるって、そうじゃねぇんだよ

順調に道を誤っているようで何よりだ

働いている人のサービス残業が1割増えるのかな ブラック企業の烙印が不振の原因だと思わないのかな 全然反省して居なさそう

客の目線で現場を見ていないから、間違った判断で会社を潰す経営者の典型

値段下げたら離れた客が帰ってくると思ってるんだね?そんなに単純ではないよ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑