大塚家具、株主巻き込む”親子喧嘩” 娘・久美子社長の勝利 今後はセールを検討

公開日: : IT, らいとめNews

――大塚家具、株主巻き込む”親子喧嘩” 娘・久美子社長の勝利で決着

長かった内紛が遂に決着。

大塚家具の株主総会が27日行われ、委任状争奪戦に発展した父娘の対立は、久美子氏の勝利で決着した。

久美子氏はその後の会見で「お客様にお詫びと感謝をこめてセールを企画している」と話している。

大塚家具

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000050-mai-bus_all

父娘の対立、61%賛成で久美子氏の勝利

大塚家具は、経営方針を巡り、父・大塚勝久会長(71)と娘・久美子社長(47)が対立していた。

27日、東京都内で開かれた大塚家具の株主総会で、会社側は社長の久美子氏ら10人の取締役の選任を求める議案を提出。

この提案は、約10%の議決権を持つ米投資ファンドの「ブランデス・インベストメント・パートナーズ」や、同じく10%を保有する大塚家の資産管理会社「ききょう企画」などを中心として、出席株主の61%の支持を集め、賛成多数で可決された

一方で、約18%を保有し、筆頭株主であった勝久氏。「クーデターで社長の座を奪われた」と述べ、株主に理解を求めるも及ばず。

勝久氏らを取締役に選任する株主提案は否決となり、会長を退くこととなった。

これにより、委任状争奪戦に発展した父娘の対立は、久美子氏の勝利で決着した。

また、株主からは「親族のために買ったつもりはない」「会社の姿が問われるべき」など父娘を批判する意見もあったようだ。

対立の要因

対立の理由は経営方針の違いから。

創業者である勝久氏は、従業員が付きっきりで接客する会員制のビジネスモデルを採用し、高級家具を中心に販売を伸ばした。

しかし、リーマンショック以降、業績は低迷。2009年に社長就任した久美子氏は気軽に入れる店作りを進めた。

久美子氏は、業績の低迷を理由に昨年7月には社長を解任されており、勝久会長が社長を兼務。

14年12月期に4年ぶりの営業赤字転落で、久美子氏が身内取締役を味方につけ社長復帰するなど”内紛”が続いていた。

お詫びと感謝を込めてセール企画を検討

取締役会で再任した久美子社長が、株主総会後に会見。

第一声では支持してくれた関係者に感謝を述べた。

その上で、今回の騒動について改めて「多くの社員を巻き込んでしまい申し訳ない」と謝罪し、また、「お客さまにもお詫びと感謝を込めてセール企画を検討したい。ご期待ください」と今後のプランを発表した。

ネットの反応

そりゃそうだよな、と思う結果。株を預けている株主から見たら感情的にならず終始冷静な娘の方に付きたくなるよ。

まぁ、どちらが経営しても沈んでいくのでは… 父のビジネスモデルは古いし、娘は大塚家具の特徴を切り捨てた

結局利益を得たのは投資ファンドだけ。つまらないお家騒動で衰弱するのが落ち

父の会見に同席した幹部社員たちがこれから閑職に追いやられるなどして没落していく姿を自分の近未来と重ねて泣いている。サラリーマンは哀しい

これでお父さんの保有比率を落とすために無理な増資とかやらなきゃいいけどね

パパどうするのかね。まあ負けたんなら潔く引退が良いと思うが。しないとは思うが

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑