レモンジーナの「土の味」は疲れの証拠?話題広がり売り切れ、高騰

公開日: : らいとめNews,

――レモンジーナの「土の味」は疲れの証拠?話題広がり売り切れ、高騰

前記事
レモンジーナは土の味?ツイッターに飲んだ感想相次ぐ

「オランジーナ」の新しいラインナップとして、31日に発売された「レモンジーナ」。

発売直後からツイッターには、「土の味がする」「カブトムシ」の味がするなどの声が多数投稿された。

一方で、「普通にウマイけど」「土の味とかしない」といった声も見かけられ、個人差があるような感想だったのだが・・・。

その”個人差”の理由が、「疲れから来るものではないか」という気になるツイートが話題となっているようだ。

レモンジーナ

話題のツイート

ツイートによれば「レモンジーナ」の味の差は、”疲れ”からくるものらしい。

あるラボからの報告では疲労度が高いほど、クエン酸が土臭さを増すため、クエン酸を多く含む「レモンジーナ」も”土の味”がするのだという。

これにはネットでは、「日本人は疲れてるから・・・」「俺疲れてたのか…」など、【悲報】として拡散されているようだ。

話題になりすぎて高騰

発売初日から、元々ファンの多い「オランジーナ」シリーズの新作ということに加え、ウマイのか土臭いのかも分からないことから「飲んでみよう」と話題になりまくったレモンジーナ。

その影響もあってか、年間目標をわずか2日で出荷。サントリーから一時販売停止の発表となった。

ちなみに、今年12月末までの販売計画を100万ケースとしていたが、1日までの出荷が125万ケースと、年間目標を超えており、「予想を超える販売量」で一時停止となったと説明している。

「品薄商法なのでは?」と疑う声もあるようだが、兎にも角にも、一時販売停止となったことにより、Amazonなど、ネット上では価格が高騰。

値段は今(2日、21時現在)も上下しているものの、24本入りが4000円前後、高い時間帯では6000円~9000円となっていたときもあったようだ。

高いときで1本あたり約300円強、現在でも200円ほどする価格となっている。

レモンジーナ

Amazon:レモンジーナのページ

レモンジーナ 420mlペット×24本

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑