秋田の山中に小型機墜落?見間違えたヤマボウシってなに

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 らいとめNews, 生活

本日6月13日の午前中に秋田市で、群生するヤマボウシを墜落した小型機だと誤認し、通報するという騒ぎがあった。

いやいや、さすがにそうは見えねーだろ・・・

と思ったのだが、言われてみれば確かに見えなくもないw

ヤマボウシ

 

通報があったのは午前10時20分くらい。

秋田市河辺三内の住民から「自宅近くの山中の崖に白い小型機のようなものが引っかかっている」と110番通報があった。

消防車12台などが急行する騒ぎとなったが、現場で警察官や消防隊が確認してみたところヤマボウシの群生であった。

通報した男性は「向かいの山の木がこんなに白くなったことはこれまでなかったから、わからなかった。人騒がせをさせちまった」と述べている。

隣家の女性なども「あんなに白くなったのは見たことがない」ということだ。

 

 

■ヤマボウシとは?

ヤマボウシ(山法師、山帽子)とは、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

高さは5~10メートルくらいで、ちょうど今の季節(6~7月)に花を開かせる。淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える。

秋田市での花に関連する相談所いわく、「ヤマボウシは山中などに一般的に見られる樹木で、この時期は中心部の花を囲む4枚の苞が白くなり、木々の葉に雪が降り積もったように見える。」ということだ。

ちなみに、庭木などにも利用される。

本来は今回のような山の中(主に谷筋など)に自生する樹木なので、水はけのよい・常に水が存在する場所を好む。そのため庭木とするためには乾燥させないことが重要。また10mくらいまで伸びるので結構な空間も必要。

 

 

<ネットの反応>

あるあr・・・ねーよwww

久しぶりに笑えた

あるわな。黒いポリ袋が川に流されてて人が流れてるように見えたりとか本当に人だったら惨事だからな。見間違えでよかったよ

飛行機に見えなくもないな。通報したくなるのも理解できなくもない。

不幸な事故がなかったのだ よかったよ

 

 

見えるか見えないかと言われれば、うーん・・・といった感じですが、本当不幸な話でなくてよかったですね。

というかなんだか風流な話じゃないですか!

警官や消防が慌てて駆けつけてみると、それは一面に咲き広がる白い花たちだったとさ。ぶわーっ(視界)

めでたしめでたしですよ。

なんとなくほっこりしたニュースでした!駆けつけた方たちにとっては迷惑な話だったのかもしれませんがw

それでは今回はこの辺でー。

 

常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光 4年生苗 常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光 4年生苗

ぐりーんべりぃ

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑