100歳の日本人スイマー、1500メートル自由形を世界初の完泳

公開日: : らいとめNews, スポーツ

――100歳の日本人スイマー、1500メートル自由形を世界初の完泳

スゴイ。自分たちよりよほど体力があるかもしれない。

100歳の日本人スイマーが快挙。

世界で初めて100~104歳の部で1500メートルを完泳した。

完泳した長岡さんは「寿命があれば105歳まで泳ぎたい」と笑顔で話していたそうだ。

100歳のスイマー

参考元→http://www.sankei.com/west/news/150404/wst1504040070-n1.html

世界初の快挙

4日、松山市で開催された日本マスターズ水泳短水路大会で、女子1500メートル自由形に、山口県田布施町の長岡三重子さん(100)が出場。

100~104歳の部で世界初の完泳を果たした。

長岡さんのタイムは1時間15分54秒39で、日本マスターズ水泳協会は今後、国際水泳連盟に申請し、正式に世界記録と認定するとのことだ。

マスターズ水泳は、年齢層ごとに順位を競い、健康増進や他の選手との交流も重視しており、国内では18歳以上が参加できる。

100~104歳の部での出場者は長岡さん一人だったため、40~70歳の選手に混ざって挑戦した。

序盤をハイペースに飛ばし、周りからは心配の声もあがったが、後半は安定した泳ぎで30往復を泳ぎ切った。周囲からは拍手と歓声があがった。

長岡さんの人物像

第一次世界大戦が始まった1914年に山口県周南市の商家に生まれた。

田布施町の卸問屋に嫁ぎ、息子2人を育て53歳で夫を亡くしてからは94歳までのれんを一人で守った。

水泳は80歳のときに、痛めた膝のリハビリを目的に始め、当初はほとんど泳げなかったそうだが、「始めたことは、とことんやる性分」だそうで、国内外のマスターズ大会に出場。

新たな目標を立てては次々と挑戦していった。

短水路(25メートル)での1500メートルは長水路(50メートル)に比べてターンの回数が増えるため、より負担が大きく、長岡さんも過去2回途中棄権していたが、ついに完泳を果たした。

ゴールの後は「やれやれです。寿命があれば105歳まで泳ぎたい」とまだまだ現役を続ける決意を示した。

ネットの反応

おばあちゃんすごい!!!何事も始めるのに遅すぎることはないね

1500メートル泳ぐのも1時間以上泳ぐのもどちらもそうそうできない。実にすばらしい。元気な人の活躍って、周りを元気にしてくれるね

すごすぎてもう意味がわからない

そこから20年頑張りましたってのが凄い。俺、社会人になって26年。元気重要だな

10代で泳ぎ慣れていても1時間泳ぎっぱなしは並みのきつさじゃないぞ。

まず100歳まで生きる事が難しいのに、その上泳げるんだからすごいですね

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑