藤原紀香が無職の独身アラフォーを「底辺」発言で炎上 『ある日、アヒルバス』の役説明で

公開日: : らいとめNews, 芸能

――藤原紀香が無職の独身アラフォーを「底辺」発言で炎上 『ある日、アヒルバス』の役説明で

ネットでは、「それは底辺だろ」「本当のこと言われて怒るなよ」といった声もあるようですが・・・。

言葉は選ぶべきだったかもしれないですね。

女優の藤原紀香(43)が、主演を務めることとなった新ドラマ『ある日、アヒルバス』で演じる役の説明の際に、「底辺」発言で炎上しているようだ。

藤原紀香の演じる役は、職を失いバスガイドに転職することとなった独身の40代女性。それを「底辺」と表現したことが一部の反感を買った。

『ある日、アヒルバス』

参考元→http://dmm-news.com/article/938003/

藤原紀香、”底辺”発言で炎上

7月5日より放送が開始となる連続ドラマ『ある日、アヒルバス』(NHK BSプレミアム/日曜後10・00)。

主演を務める藤原紀香(43)が演じるのは、バスガイドに転職することとなった40歳の女性。職を失い恋にも破れたとき、主人公がバスガイドにスカウトされ、新たな職場で奮闘する。

この役どころについて一部のスポーツ紙で「本当にボロボロの女性です。底辺にいる藤原紀香が見られますよ」とコメントした藤原紀香。

しかし「底辺」発言が反感を買い、ネット上には多数の批判が書き込まれ炎上しているようだ。

「バスガイドに転職した女性が底辺ってこと?」
「40歳で失業した独身女を『底辺』って見下してるの」
「上から目線にも程がある」
「一流女優のワタシが底辺役を演じてあげる……って言い方がすげえ」

などなど。

底辺という言葉に、職なし独身アラフォーを侮蔑するような意味合いを感じ取った人が多かったようで、言葉のチョイスが悪かったようだ。

記事の反応

しかし、この炎上騒動に対しては「その通りだろ…」といったコメントも少なくないようで…。

上げ足拾ってる感が拭えない。PRなんだからええんちゃう

>無職独身アラフォー
ここまで役が揃ってればそう言われても仕方ないだろ。。

なお、批判者はすべて無職独身アラフォーだった模様

コンプレックス持ちが難癖付けてるようにしか思えんな…。

事実だからいいのでは

主人公の境遇をわかりやすく説明しただけでしょ

「ある日、アヒルバス」

ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫) ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)
山本 幸久

実業之日本社
売り上げランキング : 22509

Amazonで詳しく見る

ドラマ『ある日、アヒルバス』は、原作・山本幸久による笑いあり涙ありの「仕事」「青春」を描いた小説。

大手出版社に勤務していた主人公・浅倉葉月、40歳。

葉月が担当するはずだった雑誌が廃刊になり、出版社との契約更新ができず、葉月は職を失う。

同時期に、7年付き合った彼とも別れることになり、また、買いまくっていたブランド品のローンにも追われまくるというどん底に。

追い込まれた葉月は、偶然乗った「アヒルバス」のバスガイドにいきなりスカウトされ、これまで全く無縁の世界に飛び込んだ葉月が、人生に立ち向かっていく… といったストーリー。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. […] 紀香が「無職独身アラフォー女性=底辺」発言で大炎上 http://t.co/5fvzaGKITX #dmmnews [引用元] 藤原紀香が無職の独身アラフォーを「底辺」発言で炎上 『ある日、アヒルバス』の役説明で […]

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑