「痴漢防止シール」埼玉県警が考案するも、冤罪が増えるだけとの懸念

公開日: : らいとめNews, 生活

――「痴漢防止シール」埼玉県警が考案するも、冤罪が増えるだけとの懸念

ただでさえ、冤罪が問題になりまくっているのに、これはさすがに増長するだけでは…?

埼玉県警が考案した「痴漢防止シール」に批判が殺到している。

このシールは、怖くて声を出せないときのため、落ちにくいインクが付着するインクを手に押し付け、犯人に証拠を残すというもの。

そのため、例えば気に入らない男に冤罪を押し付けるような”悪用”がされるのではないかと、ネットでは懸念の声が多数あがっているのだ。

チカン防止シール

参考元→http://www.asahi.com/articles/ASH3P5FT4H3PUTNB00B.html

埼玉県警の女性隊員が中心に考案

埼玉県警の女性隊員が中心となって考案したという「チカン防止シール」。神奈川県シール印刷協同組合に発注し開発した。

このシールは、「怖くて声が出せない」などの痴漢被害者の声を参考に、痴漢防止への効果を期待して作られた。

シールは、携帯などに簡単に貼ることができ、痴漢に対して強い警戒心を持っていることがアピールできる。

シールの使い方は簡単で、「痴漢かな」と思ったときに、シールを見せることで警告、それでも痴漢行為が止まらないときには、2枚重ねになっているシールをはがすと落ちにくい赤いインクの「☓」印が現れるので、これを犯人の手に押し付けて証拠を残す。

県警が作成した防止シールは4000枚。大きさは直径1.5センチで、表面には「さわらないで!」と表記されている。

チカン防止シール2

冤罪拡大の懸念

一方、ネットでは疑問の声もあがっている。

多くは冤罪の拡大を心配するもので「女性がイタズラにシールを貼って冤罪が増えるのでは」「性悪女もいるからね」「今でも痴漢したと言えば犯罪になるのに証拠とかいるの?」といった声が上がる。

冤罪が増えるね、これで気に食わない男は性犯罪者に仕立て上げられるよ

冤罪がーと騒いでいる人は、冤罪の被害により一瞬で自分と家族の人生を壊されることに本気で怯えてます。痴漢に悩む女性の事を思いやれないというわけではないですので、対立構造にしないで下さい

とりあえず、証拠能力として「被害者の近くに居た」程度の事しか証明できないものを、あたかも痴漢行為の証拠になるかのように謳っているのは問題だよね

コンビニでも「ペイントボール投げつけられたのが強盗の証拠だ!」とはならないわけで、証拠はカメラの映像なんだけどなあ。何を思って、被害者主観のみで貼ったシールを「証拠になる」なんて言ってるんだろう

他でもない警察組織がこんなものを「証拠」と称してる以上、あらゆる痴漢騒動は冤罪の可能性について強く意識せざるを得ないよなあ。痴漢行為なくてもつけられるんだもの

思い込みや故意でシールを貼られるトラブルは、想定しているのだろうか?痴漢より、犯人扱いの方がショックは大きい。人格否定だからだ。逆恨みを含めて二次被害は大きいぞ

文字通りレッテル貼りに使われたときの回避手段が思い浮かばない

男性社畜の人生を簡単に終わらせられる兵器怖い…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. 名無しさん より:

    これからは混雑時の女性専用車両のおっさん共に張り付けていくよう後輩にみっちりおしえていきます^^
    世の中のおっさんざまぁねぇなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(暗黒微笑&マヂキチスマイル)

  2. 痴漢逝けよ より:

    冤罪以上に痴漢被害は桁が違うよ

    冤罪、冤罪と言うなら、全車女性専用車導入が一番解決するよなwww

    防犯カメラ云々はいいよ…

    全車女性専用車が手っ取り早いwww

  3. 名無しさん より:

    澤登真珠枝

  4. 名無しさん より:

    たのむから男性専用車両、作ってくれ〜!

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑