リアル「マザーゲーム」 ”ママ名刺”の流行も、夫の職業や住所で格付け

公開日: : らいとめNews, 生活

――住所や夫の職業を記載した「ママ名刺」による格付けが流行…

「ママ」たちの格付けが、初対面の名刺で行われているらしい…。

こういう格付けとか見栄の違和感は、”自分”ではなく夫や子どもなどを自慢していることが原因な気がします…。

「ママ名刺」と呼ばれる新しいコミュニケーションツールでは、子どもの名前や連絡先だけでなく、夫の職業や住所も記載し、そこで格付けが行われているそう。

ママ名刺

「ママ名刺」なるものが流行

出会いの季節。

初めて出会うママ達のコミュニケーション手段として、最近流行の兆しをみせているのがママ名刺だそうだ。

女性誌の「VERY」(またお前か)が流行の起源だそうで、子どもの名前や住所、連絡先(電話番号、メアド、LINEID、facebook等)などを記載し、ママ同士で交換するようだ。

用途は、サラリーマンなどが使うように、初対面の相手と交換するというので正しいようだが、入園式などに名刺入れを持ってきておもむろに交換を始めるのだろうか…。

そこら辺は分からないが、何にせよ、ビジネスの場でも利用される”名刺”という馴染み深い形式や、子どものイベント事などで連絡を取るとき、年賀状や贈り物を贈る際などにも、数秒で完了する名刺交換さえしておけばその後は簡単に出来るので、便利なものとして重宝され始めているようだ

始まる格付け…

しかし、ここから先が「ママ友」ならではと言えそうな内容。

名刺には、凝ったモノでは、子どもの写真や紙質、さらには夫の職業などを記載する場合も少なくないようだ。

これにより何が起こるかといえば、”格付け”である。

夫の職業は言わずもがな、どこに住んでいるのか、名刺にお金をかけているのか、といったマウンティングが行われる。

4月から始まったドラマ「マザーゲーム」では、セレブ幼稚園を巡るママ同士の格付け競争が話題だが、現実でもどこにでもあるような話のようだ。

また、こうした流行に併せて、簡単に「ママ名刺」を作成できるサービスも増えはじめており、考案元の「VERY」も公式で作成サービスを提供している。

本当に、連絡先の交換や時短としての便利ツールとしては”アリ”と思える「ママ名刺」だが、実際には、名刺一つ作るにもママたちの競争が行われているようである。

関連リンク

本文一部参考
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanagiuchikeiji/20150417-00044887/

関連の前記事
VERY妻の勝ち組・負け組基準 「エセレブ」主婦が増加中?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. […] リアル「マザーゲーム」 ”ママ名刺”の流行も、夫の職業や住所で格付け――住所や夫の職業を記載した「ママ名刺」による格付けが流行… […]

  2. […] リアル「マザーゲーム」 ”ママ名刺”の流行も、夫の職業や住所で格付け――住所や夫の職業を記載した「ママ名刺」による格付けが流行… 「ママ」たちの格付けが、初対面の名刺で […]

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑