ワールドカップ日本vsコートジボアール敗戦分析 リーグの今後の予想

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 らいとめNews, スポーツ

ワールドカップ日本代表の初戦となったコートジボワール戦。

日曜日のお昼からということで観戦した方も多かったのではないでしょうか!

結果は1-2で敗戦という残念な結果になってしまいました。

■コートジボワール戦 感想

日本代表のリーグは実際のところ、コロンビアが1強。日本代表がトーナメントに進むには2位抜けだと予想していた(している)人も多いのではないでしょうか。

そのため、初戦のコートジボワール戦は最初にして最大の山場だったと思います。

コロンビアはギリシャに前評判通り、3-0という快勝だったため、今回の敗戦で日本はトーナメント進出が一気に苦しくなりましたね・・・orz

日本vsコートジボアール 前半

試合は前半は1-0で日本のリードで折返し。

本田選手のシュートは見事でしたね!あそこしかないっていうコースでした。スローインからあのシュートを撃たせてしまうコートジボワールの守備もちょっと問題かなぁとは思いましたがw

しかし結果論ですが、0-0で折返したほうがよかったかもしれないですね。先に1点取ったことで守備に甘さが目立った気がします。

2点目を入れたほうが勝つだろうなぁとは思っていたので、前半のうちに何度かあったチャンスで2-0に出来なかった時点でちょっとあやしかったですね。

日本vsコートジボアール 敗戦

そして後半戦。

やはり目立ったのはドログバ選手

監督の起用に、そしてコートジボワールのファンの期待通りの活躍だったと思います。

直接点を決めたわけではありませんが、明らかに流れは変わりましたよね。周りの選手への影響力はすごい大きさでした。

まさにコートジボワールの英雄・・・!もう結構な歳なのにすごいですねぇ。

少し話が逸れますが、日本戦の前にやってたイングランドvsイタリアを見てても思ったのですが、結構ベテランとも言える選手が今大会多いですね。

イングランドはジェラードだったり、イタリアもピルロがスタメンだったり。

確かに30歳くらいが一番脂の乗った時期とも言われますが、悪い意味では世代交代がどの国もあまり進んでいないんですかね?

話を戻すと畳み掛けるように2点取られてしまったわけですが、同じような右サイドからのクロス→ヘディングで失点。

1点目はまだしも2点目も同じように取られたことは反省すべきでしょう。

敗因は足が止まっている場面が多かったことと、どんなサッカーがしたかったのか見えてこなかったことかなと思います。後者は中田さんも言ってましたね。

ザックの言う攻撃的なサッカーというものがどういうサッカーなのか、実践出来てなかった。どちらかと言えば日本が自分たちのサッカーが出来なかったかなという印象です。

とはいえ、コートジボアールも強かったですね。負けるべくして負けたと思える力の差はあったようには感じました。支配率・シュート数もかなりの差でしたし、日本はチャンスらしいチャンスはほとんど作れませんでしたしね。

■今後の予想

普通に考えると、

コロンビアがこのまま3勝。
コートジボワールがギリシャに勝利、コロンビアに敗北で2勝1敗
日本がギリシャに勝利、コロンビアに敗北で1勝2敗
ギリシャ3敗

と予想するわけですが、これを覆さないとトーナメントに進めません!コロンビアに善戦ではなく勝利が欲しいですね!

そしてギリシャも3敗と予想したものの、決して弱いチームではないです。正直、今日のような試合だと負ける可能性も・・・。

まずは気持ちを切り替えて20日のギリシャ戦、勝利を収めてほしいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑