目の前の色を読み取り再現出来るスポイトツールのようなペン「Scribble」が発売

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 IT, らいとめNews

目の前にあるものの色をそのまま再現したいと思ったことはありませんか?

パソコンではペイントツールやPhotoshopなど、スポイトツールによって可能なことですが、今回実際の”ペン”として、目の前の色を再現出来る高性能な「Scribble」が発売となります!

Scribble

- 身の回りのモノにかざすだけで色が再現出来る「Scribble」

上記の画像のように、ペンのおしりの部分に装着されている「16ビットRGBカラーセンサー」をかざすことで色を読み取ります。

プリンターと同じように内蔵されたインク5色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ホワイト)の組み合わせで読み取った色を再現。

組み合わせによって表現出来る色は実に1600万色以上

ストレージ内に自分で集めた約10万色を保存しておくこともでき、USBを接続することで専用のソフトウェアにアップロードすることも可能となっている。

これまでも「SwatchMate Cube」や「Chroma」といった、かざした色を読み取り再現するものは存在していたが、今回の「Scribble」のように直接インクを出力出来るペンは初めて

また、インクを内蔵しそのまま出力出来る「Scribble INK」以外にも、インクを内蔵しない”タブレット”のようなタッチスクリーン用のスタイラスヴァージョンである「Scribble STYLUS」も発売予定だ。

Bluetoothを介して自分のタブレットやスマートフォンと接続すれば、同じように色をスキャンしてイラストアプリ上などに描くことが可能となる。

本体カラーは6色のバリエーション。

価格も思ったほど高くなく、「Scribble INK」が149.95ドル(約1万5,000円)、スタイラスペンの「Scribble STYLUS」が79.95ドル(約8,200円)

7月4日発売予定で、現在ウェブページで予約受付中。

http://www.getscribblepen.com/

値段も手頃だし、すごくいいですね。1本欲しいかも。

気になるのはスタイラスペンではない場合の交換用インクの値段でしょうか。プリンターインクでも7~800円くらいしますし、1色あたり1000円くらいするのかな。

交換用インクもアプリやウェブページを介して、注文が出来るようになるみたいですが、今のところはまだ分かりませんね。

続報に期待しましょう!

“魔法”のようなペン「Scribble」に注目です!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑