千葉市の学校にエアコン設置が否決。「強い精神をつけるため」反対理由がひどいと話題に

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 らいとめNews, 生活

夏もそろそろ本格化…。暑くなってきましたね。

温暖化により年々その暑さを増す夏の季節。最高気温更新を毎年のように聞くような気がします。

学生にとっても夏の季節は制服は汗で濡れ、暑さから勉強には集中力を欠き、辛い季節です。

多くの学校では近年エアコンが導入され、少しでも涼しい環境で勉強出来るに態勢が整えられてきました。

そんな中で、”千葉市”の小中学校に対してエアコン設置の請願が却下され、さらにその「反対理由がひどい」と話題になっています。

エアコン 学校
参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/8969491/?_clicked=social_reaction

<記事の要点>

・千葉市の「6月市議会」において、千葉市の小中学校にエアコンの設置を求める請願が出されたが、日本共産党以外は全て反対し否決された。

・理由は「強い精神をつけることも必要」といった精神論まで出てくる始末で、椛澤洋平(共産党議員)を中心に推進派から批判の声があがっている。

・この件に関してツイッター上で椛澤氏がつぶやいたツイートに対しては、(23日の16時現在)リツイート数が5,800件以上、お気に入りが1,200件を超えており、ネット上でも話題となっている。

<ツイッターの反応>


昔は暑くても35℃ぐらいだったから大丈夫だったかもしれないけど、今は40℃超えるのもざら。

自分ができないことは他人に強要しちゃだめですよ

大人が鬼畜に見えてきました…子供達より大人の精神力が未熟過ぎかと…

学校環境衛生基準だと「30℃以下が望ましい」だけど、基準よりも最近の実態を知ってほしい。教室の気温をはかってみるとよい。都内某校最上階だと「日中の平均」が33℃超えていた

今すぐにでも千葉市議会の自民党の部屋からはエアコンを撤去して、強い精神とやらを身につけてほしいものだ

よし!「強い精神」をつけるために議員の事務所や議会からエアコンを外そう!

実際、精神や気持ちでなんとかなる暑さではないですよね。熱中症が本当に心配です。

そもそも暑さって鍛えられる精神ってなんぞ…。「暑さ我慢して偉いねー!」とでもなるんでしょうか。

そんなものより快適な勉強空間を与えて「成績上がって偉いねー!」のほうがよっぽどいいと思うのですが…。次の9月の議会では可決されるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑