USJの「ハリーポッターエリア」にツアー予約が5倍以上!入場確約券付きプランが人気

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 らいとめNews, 生活

オープン前から話題騒然のUSJ新エリアの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ザ・ハリー・ポッター」

7月15日よりオープンで、USJが450億円もの巨額を投入したことでも話題を呼んでいる。

混雑を避け、行列に並ばなくてもいいように「入場確約券」付きのプランやJRの入場券付割引切符などは早くも人気!

JTBが提供するツアーではすでに昨年の5倍近くもの予約が入っており、「ハリポタエリア」への期待度が高まっているのが分かる。

USJ ハリーポッターエリア
参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/8976789/

<記事の要点>

■予約客が大幅アップ

特にUSJと唯一提携してツアープランを提供しているJTBは好調で、ハリーポッターエリアに指定の時間に必ず入れる「入場確約券」付きのプランを中心に予約数が大幅に伸びている。

前年度比で、首都圏発のツアーが5倍以上、関西発も約4倍という数値として、新エリアへの関心度は現れている。

また、JR西日本でも「入場確約券」を付けた割引切符の販売を始め、販売アップを狙う。

■ハリーポッターエリア

大ヒット映画「ハリーポッター」シリーズの世界観を再現。

アメリカのオーランドにある「ユニバーサル・オーランド・リゾート」につづいて、2番目のハリーポッターエリアの誕生となる。

話の舞台となる魔法学校「ホグワーツ城」を再現した建物やイギリス料理を食べられるレストランを開店するなど、ハリーポッターの世界の気分を味わえる。

この新エリアのオープンにあたって、上述の通り、450億円もの額を投入しており、これはUSJの売上高の約半分にあたる。

USJはオープン以来、一時期は集客が落ち込んだものの、昨年2013年度には年間来場者数が1000万人を越え、最近の好調にこのハリーポッターエリアを加えることでさらに集客アップを狙う。

新エリアでの集客効果は年間で200万人の増加を見込んでいる

■海外からの客を惹きつける

ある研究者の話では、

「最近の円安傾向や関西国際空港のLCC(格安航空会社)の積極誘致などを背景に、2013年に関空を使って関西を訪れた外国人客は前年と比べ29%増と大きく伸びており、全国の訪日外国人客の前年比24%増をも上回った。もともと関西は物価や宿泊費用が安価で、グリコの大型看板など特徴ある観光場所もあり、外国人観光客をひきつけるポテンシャルは高かっただけに、USJの新エリア効果で関西へのリピーターが増えるのでは」

と指摘されており、さらに昨年にはタイとマレーシアの観光客のビザが免除されたため、東南アジアからの旅行者も増加傾向にあり、集客アップに繋がるのではないかとされている。

予約数からも分かる通り、ハリーポッターエリアの効果がはっきりと出ていますね!

それだけ関心度が高いということでしょう。実際わたしも行きたいですw

新エリアオープンは7月15日。もうあと半月もしないうちにやってきます!目前ですね。楽しみ待ちましょうー!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑