大手携帯会社のSIMロック解除を義務化 2015年にも

公開日: : 最終更新日:2015/03/16 IT, らいとめNews

総務省は28日、スマートフォンなどの携帯端末に対し、「SIMロックの解除」を義務化する方針を発表した。

いわゆるSIMロックとは、スマートフォンなどの携帯端末に対して、携帯会社が他社の通信回線で使えないようにしている制限のこと。

sim解除 義務化
参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/8987150/

<記事の要点>

・総務省は他社の通信回線で使えないようにする「SIMロック」の解除を2015年にも義務化する方針を固めた。

・SIMロック解除を各社が拒否する場合、電気通信事業法に基づき業務改善命令を出すことを可能にする仕組みを導入する予定だ。

・SIMロックの解除により、利用者は端末を買い替えずに携帯電話会社の変更が可能になる。これによって割安な料金を提供する通信回線への乗り換えが容易となり、携帯電話会社間の競争を促して料金の値下げへと繋がるとのことだ。

<ネットの反応>

携帯税との関連もあるとの噂だけど、その辺はどうなんだろうな。

ただ、これをやると携帯電話事業者からのバックマージンが無くなるから端末価格が高くなるんだけどね…

docomoとSoftbankはSIMロック解除すれば相互に端末が使用できるけど、auは電波形式が違うから使えない。

消費者にやさしい法案。ケータイ会社側は大変だろうけどこれが資本主義のあるべき姿。

ホンマなら画期的やが、三大キャリアが必死に抵抗するんちゃう?端末代が上がるやろけど、それ以上に料金が下がるやろな。

朗報なのか?

これは朗報なんでしょうかね。今のところは判断しかねますが…

同時に違約金の発生する”2年の縛り”というものもなくすよう検討中とのことですね。

これがなくなると携帯の本体代金が値上がりはするでしょうから朗報なんだろうか。

後々は乗換自由などもあり、料金は安くなっていくとは思いますけどねー。

これからは長期利用者に各社が優遇を大きくするような方向へと働いていくのではないでしょうか。

現状だとほとんどの場合は、長期で利用するよりもむしろ、MNP (Mobile Number Portability)の特典を受けつつ会社を転々としたほうが得なくらいですからね…。

これが、長期利用者に優遇へと変わっていくのであればそれはそれで利用者にはいいかもしれないですね。2015年までに義務化を目指すとのことなので、今後の動きに注目です。

今日からすぐに使える!  格安スマホ スタートガイド (インプレスムック) 今日からすぐに使える! 格安スマホ スタートガイド (インプレスムック)
ゴーズ

インプレスジャパン
売り上げランキング : 64243

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑