ワールドカップ予選敗退国の帰国時の違い(イタリア・イングランド・韓国・日本)

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 らいとめNews, スポーツ

ブラジルワールドカップも決勝トーナメント開催中。

予選敗退となった各国は母国へと帰った。

その際の空港などでの出迎えが国ごとにかなり異なると話題だ。

『イタリア』

イタリア ワールドカップ 帰国

アッズーリがマルペンサ空港に到着。迎えのファンは皆無であった。

優勝争いでも常連のイタリアでは、予選敗退という不甲斐ない結果では、ファンも厳しい対応のようだ。

『イングランド』


イングランド ワールドカップ 帰国

イングランド代表の帰国の出迎えはなんとおばあさん一人。

シュールな光景だ…。

サッカーの起源として有名な国だけに予選敗退という結果では誰一人納得しないようである。

イタリア同様、寂しい帰国になった。

『韓国』

韓国 ワールドカップ 帰国

上記の2国とは違い、出迎えはあったものの、その反応は冷ややか。

「謹弔 韓国サッカーは死んだ」という横断幕を掲げ、ファンがスーツ姿で並ぶ選手に大量のあめを投げたりした。

韓国での「飴でも食ってろ!」というのは、日本で言えば中指を立てての「くそったれ」と同じような意味合いのようだ。

つまり痛烈な批判での出迎えだった。

最後に『日本』はと言うと・・・

日本 ワールドカップ 帰国時

日本 ワールドカップ 帰国

まるで優勝でもしたかのような黄色い声援。

選手は暗い表情だが、ファンが何と声をかけているのか聞き取れないくらいに大きな歓声だったらしいです。

このような違いにネットでは・・・

こりゃ日本は強くならんわww

日本はマジでミーハーだな。日本が異常なだけでアホなだけ

別に選手を攻撃や非難しろなんて言わないからただただ「甘やかすな」とだけ言いたい。アイドルのコンサートじゃないんだから

イングランドくらいの屈辱がちょうどいいんだろ。日本人は甘やかし過ぎ。感動をありがとう?アホじゃないの。予選敗退で大敗でどこで感動するの

負け=悪って思想があるか無いかの差だろうな

負けたのに空港で大歓迎するサポーター。負けたのに渋谷でハイタッチ&痴漢するサポーター。日本どうなってんだよw

向こうは下手すると殺されるからな

どちらがいいとは言えないですけどねー。

選手たち自身、大久保選手あたりは帰国時のこの状況に驚いていたらしい(もっと非難されると思ってたとか)ですし、そのくらいの方が良かったって語ってますよね。

負ければ厳しくすることも大切ですが、このようなファンのお金で強くなるとも言える・・・。

大げさに非難や攻撃をする必要はないですが、甘やかしすぎないってのが正しいんでしょうかね。

というか、イタリアやイングランドは勝って当然、負ければ国民も怒るって感じでしょうから、この状況はそれだけ国民も日本は勝てないだろうと思ってたことの裏返しになるのかな。

そう考えると韓国は逆に期待しすぎだろう・・・そんなもんだと思うぞ・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑