カップヌードルのCM「壁ドン」に意味違うだろ!とツッコミが多数

公開日: : らいとめNews, 生活

よくトレンドを反映したようなCMを起用し、話題となることが多い日清食品の「カップヌードル」のCM

現在、放送中のCM『カップヌードルCM「壁ドン篇」』では、”壁ドン”の意味について賛否あり、ネットでも話題になっている。

海外の人々に向けて日本文化を発信するような形の内容となっているこのシリーズ。

今回の「壁ドン篇」では、日本は「漫画の国」であるとして、そんな日本人にとって、「理想の恋人はマンガの主人公であることも少なくない」という流れから、問題の”壁ドン”シーンへと繋がっていく。

話題のCMはこちら。

はてさて、何が賛否を呼んでいるのだろうか?

それは「壁ドン」という言葉の意味だ。

確かに最近では、CMの中で描かれている「少女漫画的な行動」に対して使われることも少なくない。

しかし、元々は、アパートなどで隣人の騒音・騒がしいことにイラついて、壁を「ドン」と叩く行為に使われる言葉として広く使われた。

にも関わらず、今回のCMでは「少女マンガ的な”壁ドン”」のみを使用したことから、いわゆる”ニワカ”に対するツッコミが、元々の意味で使用していた視聴者から寄せられた形である。

「壁ドンの意味ちげーだろwww」
「あえて間違ってる?それともわざと?」
「こっちの壁ドンを流行らせたいんじゃね?」
「これだから腐女子はw」

などなど。

もちろん、否定的なコメントばかりではなく、CMで描かれた少女マンガの壁ドンを支持する声も上がっている。

クールジャパン的な題材を選んでシリーズ化しているCMだけに、今後も話題を呼ぶ新作が登場しそうだ。

<おまけ>

CMで使われている漫画は、

「アオハライド」の咲坂伊緒先生
「オオカミ少女と黒王子」の八田鮎子先生
「ReReハロ」の南塔子先生

などの有名漫画家の先生方が実際に描いたカットを使用しているとのこと。

<おまけ2>

“少女漫画的な壁ドン”が広まった理由は?

ニコニコ大百科では、声優の新谷良子の発言から広まったものであると記載されている。

ドンッ 

「……黙れよ」

このような、命令口調で強引に迫られるのが女性のロマンのひとつの模様。

※ただし、イケメンに限る。

また、この動画は2011年のものであり、壁ドンが最近広がりを見せてきたことに対して「時代が追いついた」などのコメントやタグが付けられている。

テレビの影響というのは思っているよりもずっと大きいので、これからは少女漫画的な意味が「壁ドン」のスタンダートになるかもしれないですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑