神田沙也加がしゃべくりで”アニオタ”っぷりを披露!アナ雪の次は深夜アニメくるー?

公開日: : らいとめNews, 芸能

6日放送の「しゃべくり007 007と歌の女王様2時間SP」でゲスト出演した『神田沙也加』が”アニオタ“であるという意外な一面を見せた。

ディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版・アナ役の声優を務めたことから、話題はアニメの話に。

好きな作品を訊かれると、「ダンガンロンパ」「妖狐×僕SS」「ギルティクラウン」「マクロスフロンティア」と次々にアニメのタイトルをあげて、番組レギュラー陣をア然とさせた。

神田沙也加 しゃべくり007

番組で、司会のくりーむしちゅー上田からの質問の中では、

上田「もともと声優さんの仕事とかやりたかった?
神田「私は声優志望だったので
神田「自分が全然表に出て行くことにあまり興味がなくて。どちらかというとちょっと裏方気質というか。キャラクターありきで、キャラクターに自分の声で魂を入れるっていう方に憧れていた

と告白。

また、アニメだけでなくゲームも好きだと言い、特にキャラクターと会話をするようなシミュレーションゲームが好きなようで、

「(キャラクターに)声がなかったら、この人たちって絵柄なだけであって、立体的に生きてこないんだなってことに気づいたときにすごい衝撃を受けて『私この生命になりたい』と思って

と声優を目指すきっかけになったエピソードを語った。

子供の頃からアニメやゲームが好きだったようで、深夜アニメを見て、アニメ雑誌もチェックするようになり、アニメのフィギュアも持っているという。

速水奨

番組後半の「会いたい人007」では、神田の声優学校時代の師匠・速水奨も登場。

速水は、神田の学校時代について、「教えることなんかひとつもない。オーケストラのすべての楽器がなっている感じだった。すべてが足りすぎている。だからコントロールをもうちょっとつければ、より画にフィットする」と絶賛。

さらに、アナ役については「素晴らしかったよ」と述べたあと、「今度は共演したい」と〆た。

ディズニー映画という華々しい形で声優デビューを飾った神田。今後は神田自身も好きだという深夜アニメやシミュレーションゲームの中で、彼女の声を聴ける日が来るかもしれない。

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9021826/

神田沙也加のガチっぽさww

レギュラー陣や観客の置いてけぼり感すごかったですね!レギュラー陣の年齢を考えると置いてけぼりは分かるけど、観客は若い女性がほとんどなのに置いていかれるものなんですねぇ・・・。

なんだかんだ言いつつ、みんな結構観てるんじゃないか?くらいに思ってたけど、そんなことはなかったでござる。

神田さんは、全くブレない感じが逆に好感をもてました。同じように感じた人も結構いたんじゃないでしょうか。

でもダンガンロンパはゲームは面白かったけど、アニメは今ひとつだったと思うんだ・・・!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑