感受性・想像力を培う『子どもに見せておきたい』おすすめ映画55本

公開日: : らいとめNews, 生活

子どもに見せておきたい映画とは?

良い映画は子どもの想像力を刺激し、感受性を培うために役立つとされる。そんな良作をエンターテイメント・ウィークリー誌が55本発表した。

題して「子どもが13才になるまでに見せておくべき映画55本」だ。

なお、ランキングは順位によるものではなく、対象年齢順となっている。

トイ・ストーリー
参考元→http://eiga.com/news/20140710/2/

<子どもが13才になるまでに見せておくべき映画55本>

選ばれた映画は以下の55本だ。

「マペットの夢みるハリウッド」
「トイ・ストーリー」
「How the Grinch Stole Christmas!」
「ベイブ」
「メリー・ポピンズ」
「美女と野獣」
「リトル・マーメイド」
「ファインディング・ニモ」
「赤い風船」
「ピノキオ(1940)」
「アニー」
「キッド」
「ウォーリー」
「サウンド・オブ・ミュージック」
「ライオン・キング」
「オズの魔法使」
「雨に唄えば」
「三十四丁目の奇蹟(1947)」
「アイアン・ジャイアント」
「E.T.」
「エルフ サンタの国からやってきた」
「ヒックとドラゴン」
「スター・ウォーズ」
「ハリー・ポッターと賢者の石」
「ピーウィーの大冒険」
「皇帝ペンギン」
「ホーム・アローン」
「ワイルド・ブラック/少年の黒い馬」
「夢のチョコレート工場」
「ビートルズ イエローサブマリン」
「ロジャー・ラビット」
「Mr.インクレディブル」
「LEGO(R) ムービー」
「プリンセス・ブライド・ストーリー」
「グーニーズ」
「A Christmas Story」
「ウエスト・サイド物語」
「素晴らしき哉人生」
「我輩はカモである」
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「ヤング・フランケンシュタイン」
「シザーハンズ」
「ロード・オブ・ザ・リング」
「ベスト・キッド」
「スタンド・バイ・ミー」
「ファンタスティックMr.FOX」
「ビッグ」
「お熱いのがお好き」
「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」
「アベンジャーズ」
「タイタニック(1997)」
「グリーン・デスティニー」
「アラバマ物語」
「ジュラシック・パーク」

<ネットの反応>

これはチェックしておこう。というか、大人でも観てない映画がいっぱいあると思うな。

結構ラブシーンやベッドシーンがあるものも多く列挙されてるんだな。

「見せておくべき」という判断が既に間違っている気が凄くする。

55本は多過ぎ!と思ったけどこのラインナップなら余裕で見られると思う。

はいはい、ディズニーディズニー

他にも、「~は見たなぁ」「~はいい思い出」といった感想や「~(作品名)も入れてもいいんじゃない?」って声も多数見受けられました。

昔を懐かしみながら、子どもと一緒にもう一度観るのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑