*

IQの高い人の特徴とは?学校がつまらなかったり、上司にイライラしたり苦労も

公開日: : らいとめNews, 生活

――IQの高い人の違いとは?

“頭がいい人”とはどんな人だろう。一つの指標として「IQ」がある。聞いたことくらいはあると思う。

『IQとは』

IQとは知能検査の結果を表す数値であり、「知能年齢 / 生活年齢 * 100」を基準の『従来のIQ』と「同年齢集団内での位置」を基準とした『DIQ』の2種類がある。昨今では従来のIQはあまり使われない。

どちらも平均が100で、標準偏差は15または16。

よく誤解があるが、”IQは数学や図形認識などの能力に長けている”というのは誤認であり、言語能力や知識、問題解決能力なども含まれる。

ただし、万能というわけでもなく、この検査の対象が知能のすべてを含むわけではない。最近では「EQ」(心の知能指数と呼ばれる)などの登場もあり、昔ほど話題にはあがらなくなった。

万能ではないが、数値が高い人ほど知能指数が高いという一つの参考にはなる。

では、IQが高い人はどのような特徴を持っているのだろうか。

IQが高い人の特徴
一部参考→http://news.livedoor.com/article/detail/9042289/

<IQの高い人の特徴>

IQが高い人と聞くとどんなイメージを浮かべるだろう。

「優等生」
「頭がいい」
「社会的に成功している」
「学歴が高い」

など反射的に思いつくかもしれない。「IQの高い人は社会的知性も高い」という調査結果も出ているので、あながち間違ってはいないイメージだ。

また、参考元の記事では、

「直感力が鋭い、問題の解決までのスピードが早い」
「物事を端的に捉えて、問題解決能力や危機管理能力が高い」

としている。IQが高い人の特徴としては、これらの傾向の人が多く、羨ましい限りだ。

<実際にIQが高い人の例>

また、実際にIQが高かった知人は、

「学生時代、授業を聞いただけで理解していたし、応用もききました。予習や復習もしませんし、ノートもとりません。しかし、成績はいいのです。暗記物は確かに暗記しなくてはいけないけど、覚え方も要領よく、多くとも3回ほどの反復でマスターしました」

と話す。

就職後には上司の説明などにイライラすることが多く、最終的にどうすればいいのかを教えてほしいのだそう。

他にも「頭の回転が早い」と言われ、割りと頭の中だけで物事を組み立てることが出来る人だったり、それを実行に移せるんだとか。

「上司にイライラする」というのは子どものときにも注意が必要な点にも類似する。

IQが高い人は確かに成功者も多いが、約50%の子どもは学業で成功しない(フランスのE.I.P統計)ともされる。

知能の発達が早熟であるため、授業が簡単でつまらないと感じたり、学校に適応出来なかったりしやすいのである。

子どもの頃に「自分がIQが高い」と自覚していないと、疎外感や自信喪失、自分の責任だと思いがちで、失敗へとつながる。

理解力や判断力に優れているいるIQの高い人たちだが、それに伴った苦労は子どもの頃にも大人になってもあるようだ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑