有名企業16社の名前の由来 「NIKE」「SEGA」「セブン-イレブン」…etc

公開日: : IT, らいとめNews

――有名企業の名前の由来

あなたはどのくらい知っていますか?

海外サイト「Just something」に掲載されていた『有名企業の名前の由来』から紹介。

nike

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9058921/

有名企業の名前の由来

1:NIKE(ナイキ)

まずはその由来も結構有名だと思われる「NIKE」

ギリシア神話に登場する勝利の女神「ニーケー」がその由来だ。私は「魔方陣グルグル」を知った時になんか一緒に知る機会があった。やばい、世代がバレル。

ちなみにロゴの「スウッシュ」は、ニーケーの彫像の翼がデザイン元。当時デザイン勉強をしていた学生が担当したらしく、彼女に支払われたデザイン料は当時35ドル(日本円で3500円くらい)だったとか。今となっては、世界的ブランド・・・。なんだか切ない。

2:adidas(アディダス)

スポーツブランドからもう1つ。アディダス。

これは創始者のアドルフ・ダスラーの名前に由来。愛称だった「アディ」に名前のダスラーをつなげた。

ちなみに元々は、兄のルドルフ・ダスラーと共同で「ダスラー兄弟靴工場」を経営していたのだが、仲違いをして会社を分かれ、弟の方が「アディダス」、兄は「プーマ」の創始者となる。兄弟有能すぎ。

3:Coca-Cola(コカ・コーラ)

意味から名前がなんとなく想像出来るので結構有名かもしれない「コカ・コーラ」

コカの葉とコーラの実を原材料に使っていたことからこの名が付けられた。

ちなみに、コーラの実は英語で「Kola nut」と書くのだが、Cのが見た目がかっこいいということでKからCへと変更された。

4:Canon(キャノン)

Canonの語源は、「聖典」「規範」「標準」という意味。

「世界の標準となり、業界の規範になる企業活動を」いった思いを込めて社名にしたとのこと。

同時に、キャノンの元となった「精機光学研究所」時代に生み出した最初のカメラ(試作機)が「KWANON(カンノン)」という製品であり、この発音がキャノンに近いことも社名を決定づける要因となった。

5:Nikon(ニコン)

カメラで有名な会社からもう一つ、「Nikon」

当初「日本工学工業株式会社」だった社名の略式が「ニッコー(NIKKO)」

この語尾に「N」を付けることで男性的な印象にした。1946年にカメラに付けられた「ニッコー」という名称が、のちに社名となったということだ。

6:Adobe(アドビシステムズ)

意外と「Adobe」が読めなかったりするアドビ。名前の由来は川の名前。

カリフォルニア州ポロアルトのアドビ川から取っており、設立者ジョン・ワーノックの自宅の裏にこの川が流れていたからという理由だ。

他に比べるとちょっと適当な印象も受けるw

7:Amazon(アマゾン)

ネットでは”密林”なんて呼ばれるamazonだが、そういった意味合いは割りと近い。「エキゾチックな」「独特な」「様々な」という意味があるため、社名にピッタリだということで採用になった。

また、創設当初は「Cadabra.com」という名前だったのだが、英語で “死体” を意味する “cadaver” と音が近かったのでよろしくないということで変更。創設者ベゾスは、1番目のアルファベッド「A」から始まる名前にしたいと思っており、「Amazon」が採用された。

ちなみにベゾスは世界で1番長い川を「アマゾン川」と勘違いしていたという話もある。(実際はナイル川が最長)

8:SEGA(セガ)

時代を先取り過ぎなんて言われるSEGAの由来はなんだろう。

セガの前身は「サービス ゲームス ジャパン株式会社」

この「Service」と「Games」のそれぞれ前2文字を取って組み合わせた。エンターテイメントを通じて、社会奉仕しようという理念を表しているとのことだ。

9:SHARP(シャープ)

「SHARP」の社名は商品から。

1915年に現在の「シャープペンシル」、金属製の繰り出し鉛筆を発明する。これを翌年1916年に「エバー・レディー・シャープペンシル」と名付けて発売。大ヒットを飛ばした。

これを受けて社名は現在のシャープになったということらしい。コカ・コーラもそうだが、代表的な商品をそのまま社名とするのは、結構多いみたいだ。どこの会社が元なのかすぐに分かるため、アピール出来ていいのかもしれない。

10:SONY(ソニー)

音という意味の英語「SONIC」の語源となったラテン語の「SONUS(ソヌス)」と、坊やという意味の英語「SONNY」からきているとのこと。

また、どこの国の人でも簡単に発音できる名前にしたのだという。

11:Starbucks (スターバックス)

コーヒーの大手「スターバックス」。この社名の由来は小説から来ている。

ハーマン・メルヴィルの長編小説『白鯨』に登場する一等航海士スターバックに由来。

また、あの緑のロゴに描かれているちょっと不気味なアイツは、ギリシア神話に登場する海の怪獣「セイレーン」を描いている。

12:LEGO(レゴ)

レゴブロックなどで有名な会社。まさに社名を体現する企業活動を行っている。名前の由来はデンマーク語「leg godt」の略。

「よく遊べ(play well)」の意味であり、会社の理念でもある。

13:Intel(インテル)

当初、創立者のロバート・ノイス、ゴードン・ムーアは社名を「ムーア & ノイス」にしようとしていた。

しかし、音が「モア・ノイズ」に似ており、「より騒音を!」という意味が電子機器メーカーにはあまりにそぐわなかったために却下。

ノイズの娘が「Integrated Electronics」という社名を提案し、これを略して「Intel」になった。

ちなみにホテルチェーンの「Intelco」と名前が似ていたために、ホテルから名前の使用権を購入して晴れて今の社名として定着した。

14:Skype(スカイプ)

無料音声通話などのサービスで今や世界中の人が利用する「Skype」

skyは想像に難くない。その通り、「空」を意味するsky。

これに「peer」という言葉(”同等の人”の意)を組み合わせて「Skyper」としてサービスのイメージとなる名前にしたかったのだが、ドメインがすでに習得されていた。

そのため、習得可能であった”r”を取った形で、「Skype」になった。

15:セブン・イレブン

結構有名なんじゃないだろうか。営業時間が午前7~午後11時までだったことに由来。

元々サウスランド・アイス社の氷販売店だったのだが、お客さんからの要望に答えて氷以外の食品も置くようになるうちに今の「コンビニ」の体系へと発展していった。

1946年に「セブン・イレブン」に変更するまでは、「トーテム・ストア」と呼ばれていたらしい。

16:カルビー

こちらも結構有名な社名の由来だ。カルシウムの「カル」と、ビタミンB1 の「ビー」を組み合わせたもの。

どちらの栄養素も人が生きる上で大切であり、人々の健康に役立ちたいとの思いが込められている。

まとめ・感想

どのくらい知っていましたか?

名は体を表すを言うけれど、有名企業の名前の由来はどこも面白い。

色々な企業について調べてみるのも楽しいかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑