止まらない音楽業界の衰退 その理由と今後の展望

公開日: : らいとめNews, 生活

CDが売れなくなり、音楽業界がヤバイ。

そんな話はどこかで聞いたことがあると思いますが、何もパッケージ版だけでなく、ダウンロードコンテンツでも音楽離れがやばい模様。

衰退する音楽業界

iTunesでお金を使うユーザーはどんどん減っており、2012年初頭には四半期(3カ月)で4.3ドル(430円くらい)使っていたのが、いまや1.9ドル(190円くらい)の半分にまで減ってしまっているとのことだ。

(※モルガン・スタンレーリサーチが出した統計データ)

itunes 利用者減少

「日本じゃないじゃん」と思うかもしれないが、日本も同じように衰退の一途。

日本レコード協会の統計では、2013年の日本の音楽売り上げは約2940億円。前年比で16.7%減と大幅に落ち込んでいる。しかも今後も減少が止まる見込みも立っていないようだ。

最近ミュージシャンのスガシカオさんが、

「DLだと制作費全部赤字。CD買ってほしい」

と、ミュージシャンの苦労をTwitterで吐露していましたが、DL版までも減少しているとなるといよいよどうすればいいのか。

スガシカオさんほどの有名人でもこのような現状ですから、他の音楽家の方にとっては本当に大変な状況だと思います。

では、「なぜこれほど音楽業界が衰退しているのか」

その理由を考察している記事があったのでご紹介。

音楽業界の衰退
参考元→http://blogos.com/article/90928/

音楽業界が衰退している4つの理由

理由は大きく分けて4つ。

1,youtubeの存在

いまやYouTube無しではプロモーションもできないような時代なので、仕方なくyoutubeを使用。

音楽ファンの大半を占めるポップスやダンスミュージックが好きな層は、”音質”にそこまでのこだわりを持っている人は少なく、そのままyoutubeで満足してしまい購入しないということ。

ダウンロードもアプリでできることも大きいですね。

2,ジャンルが減った

今時の音楽は「ダンスと音楽」が基本セット。演歌のようなじっと立って歌うだけでは商品としては不十分な時代に。

業界のジャンル自体が減っているわけですから、音楽家の数も当然減っていくことになり衰退へ・・・。

3,若者の車離れ

都会では特にそれが顕著で、車どころか免許も取らないような時代になっています。

田舎とかマイルドヤンキーくらいで、若者は今時車を持ちません。公共の交通機関で十分ですし、車を持てばお金もかかるし。ガソリン高い。

一人で運転するときでも、デートの時でも、車と音楽は密接な関係にあったが、車離れにより音楽業界も割りを食ってしまった・・・。

4,自分だけの音楽へのシフト

80年代のようにナンパの小道具に!といった音楽(他人に聴かせる音楽)から、今はヘッドホンで”自分が聴くだけの音楽”へとシフトしており、自分の好みのしか買わないので、マーケットが縮小したという考察。

3,4の考察は面白いですね。確かに有り得る話かと思います。車離れはトヨタのCMとかを見てても明らかですしね…。

ネットの反応

昔の方式では売れなくなった今は新しい売り方、しくみを模索している時期なのかな。付加価値をつけるのも一つなんだろうけど、握手券はなぁ。

音楽の多様化が1番の原因と思ってたが、みんなの音楽から個人の音楽にってのは、成る程なと思った。

日本の音楽業界の市場規模って今やアメリカをも上回って世界最大なんだけど、それで業界が終わるってならまじでやばい。

今の音楽業界は聴く前に買え!だからね。知らないものには誰も金を出さないのに。

たしかに。音楽がないと生きていけない!ってワケじゃない、娯楽のひとつな私は「移動」というものが減ったいま、全然音楽聴いてないもんなー。

音楽業界の今後

今後は、音楽で食べていけないとなればもちろん音楽家になりたいという人は減るでしょう。

“お金のためじゃない”と言っても、なんだかんだで食べていけないのであれば人は減ります。そうすると音楽の才能のある人はどこか別のジャンルへ。さらに業界は衰退・・・。

才能ある人たちがどこへ流れていくかが読めればそれはそれで苦労はしませんが、ともかく、どこかで歯止めがかかるようなことがない限り、このまま業界全体が縮小していくのは目に見えているのではないでしょうか・・・。

とは言え、付加価値に握手券など、音楽と関係ないものを付ける商法もどうなのかと思うのだけど…。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. 名無しさん より:

    車ばなれは貧乏なトンキンのとこだけ
    地方は普通にどの家でも車持ち
    二台とかザラ
    駅は徒歩5分のとこにあるけど、旅行もほぼ車

  2. nature より:

    音楽業界の衰退の根本理由は有能な作詞家や作曲家がいなくなったため。昔なら阿久悠とか
    平尾正晃など、、、小室やつんく以来出てないじゃないか。シンガーソングライターもそう。
    cdが売れない? そもそも売れるようないい歌がないじゃん。それとかりに阿久悠や平尾正
    晃など有能な作詞家や作曲かが現在いてもそれを歌いこなせるような歌唱力をもった歌手がいない。はっきり断言するがakb48や嵐などは歌手ではない。エンターテインメントグループである。歌手というのはプロとして恥ずかしくない歌唱力を持った歌い手のことをいう。昭和40年代~平成12年くらいまではいわゆるソロ女性アイドル歌手路線が必ず存在したが、つまり天地真理⇒山口百恵⇒松田聖子⇒中森明菜⇒森高千里⇒あむろなみえ⇒宇多田ヒカル⇒浜崎あゆみ⇒
    倖田くみ、この路線が崩壊した。つまりこの地点で音楽業界は崩壊したといっていい。この路線は音楽業界のバロメーターともいえる。それが崩れてから他のヒット曲もほとんど出てない。
    昭和40代からの30年は次から次へとヒット曲や新しい歌手が生み出されたが今はそれがなく
    同じパターンのグループばかりだ。昔の時代と比べればakbや嵐やエグザイルなどは時代背景からして恵まれているだけである。いくら時代が変わりネットが普及しyoutubeがあってもすごく
    いい歌なら金を出してcd買うよ。それだけ価値のあるすばらしい歌がないというこだ。

  3. ぴろりん より:

    売れてた時代、単純にガキが多かっただけやろう?

  4. 名無しさん より:

    ふと耳に入るって事が無くなったから。
    音楽好きは自ら探すけど、そうじゃない人の方が断然多いんだよ。
    で、一般受けのする歌手が居ないから今の音楽番組すら見なくなり、ひいては新しい音楽を聞かなくても古いのでいいやになってるだけ。
    昔の曲はリズムも早くないし繰り返しも多くて耳コピで曲を覚えられたし、歌詞もいろいろ想像出来るから自分の解釈で遊べたけど、そんな曲ないじゃん。
    しかも歌はそれなりに上手くても声にあくがなくてインパクトがない人が若い人に多い印象。
    音楽はマニアのもので一般人のものじゃなくなったんだよ。

  5. 名無しさん より:

      いや、いまの一流会社がもう、恐竜になって沢山のお金を吸収しすぎているんだ。たとえば、テレビ製作費3000万とかだろ、くわしくわからんが。おおざっぱに計算すると、たとえば、シャンプーの製品にテレビの広告費40円ぐらいかかっているんじゃない?こういうテレビ広告費に庶民はシャンプー以外の、菓子や、ビールにとられてみんな苦しんでる。1000万もらってるテレビ社員、芸人はわからんだろうが、庶民はいま、10円だすのも苦しい。いろんな商品にテレビの広告費がのっている。一流企業の給料を3分の1にしないとこの国、もたないのでは?自動車もそう、一台200万?誰が買うんだと若者は突っ込んでるのでは?一流企業の給料3分の1にしないともたないだろ?詳しい計算は評論家にまかせたい。政府は正社員の給料下げられる法律にしないともたないのでは?いま給料300万でもやっていけるだろ、庶民はみんなやってる。正社員に非正規が栄養吸い取られているんだよ。とにかく、いま、大企業がガリバーになって庶民をつぶしてる。このままもたずに、第二次大戦のように、財閥主導で結局、財閥が解体したように、一流企業もおわっていくのでは?そうならなくても、ネットに力奪われてくだろ。

  6. 名無し より:

    ダンスの何処が音楽か分からん。
    1900年代から2000年代前半のように折角音楽性の素晴らしいバンド達が、無能なダンスユニットなんかで存在薄くなるし…

  7. 名無しのよっしん より:

    音楽で飯を食いたい人がもしいるのであれば、絶対にやめろ。
    今のCDにお金を払うくらいなら、別の趣味にお金を使うべきwwww
    そもそも、価格統制が引かれてる時点で斜陽産業の根幹wwww

  8. 名無しさん より:

    今のカウントダウンTVとかも、握手券商法で上位のアイドルとかばっかでほんとにつまんないよね
    尾崎豊の「十代のカリスマ」って二つ名が藤田ニコルについてるっての聞いて、音楽業界の衰退はテレビ業界の衰退と同時進行したんだろうなあって

  9. k より:

    cdはプラスチックケースに入れて販売したから売れないんだ。解説の文字も小さく売る気があるのかと勘繰りたくなる。

  10. 金星宏幸 より:

    音楽が衰退したのは恐らくネットの影響だ。何でも只で聞けて見れたらお金を払うのが馬鹿らしく為ったのだ。だから音楽だけで無く映画も売れないしなあ。良い歌、映画を作るのも想像力を無くしては出来ないのだ。人は便利になり何でもネットに頼り過ぎた現代人は一度ネットが無かった頃を思い出して見るべきなのだ。良い物を作るのも機械では無く最後は人なのだ。それを分からなければ時代は崩壊又は死んで行くだろう。

名無しのよっしん にコメントする コメントをキャンセル

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑