洗濯が進化?次世代のドライクリーニング機『スウォッシュ(Swash)』が発売

公開日: : らいとめNews, 生活

「縦型」と「ドラム式」

機能などは良くなれども、その形式はほとんど変わることなく長年に渡って販売されてきた”洗濯機”

その洗濯が遂に進化の兆し?

スウォッシュ(Swash)

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9083717/?_clicked=social_reaction

この次世代型の洗濯用ガジェットの名前は『スウォッシュ(Swash)』

アメリカのP&Gとワールプール・コーポレーションが9月から発売を予定している。

水が不要であり、洗濯・乾燥、さらにアイロンの機能を備えるという驚きの家電。

『スウォッシュ』に衣服を固定したら、専用の洗剤パックを装着して起動。洗剤が衣類全体に噴霧され汚れを落とします。また、乾燥した空気が『スウォッシュ』内を循環することで、乾燥・アイロンがされるという仕組み。

デニム、ウール、ポリエステル、ライクラ、コットン、カシミア、スパンコール、ビーズやレースと幅広い素材の衣服に使え、1回の洗濯にかかる時間もわずか10分。

ビジネスパーソンに向いた製品といえるでしょう。サイズも(高さ1.3m、幅43cmの)薄型ボディで場所を取らないので、一人暮らしの方にも向いているかも。

日本での販売は今のところまだですが、本体の価格は次世代ガジェットにしてはあまり高くない499ドル(約5万円)。「これまでにない洗濯機」にしては割りと良心価格な気がしますね。

ただし、専用の洗剤(ポーションタイプ)が12個セットで6,99ドル(約700円)とやや高い。クリーニング店に出すなら・・・とするなら悪くないといった感じかもしれません。

洗濯の進化を感じさせる新たなドライクリーニングの洗濯ガジェット『スウォッシュ』。

今回の次世代ガジェットの販売を受けて、これまで大きくは変わることのなかった洗濯機に変化の時期が来るかもしれません。

日本は製品をさらに昇華するような技術に昔から富んでいますし、今後、この洗濯機をさらに良くした製品が日本でも拝めるかも。楽しみですね!

<ネットでの反応は・・・>

これは欲しい!! 洗濯の大革命になるか?

アイロンまでやってくれんの?! 一枚ずつしかできないみたいやけど、急にワイシャツいるとか言うときに便利だなぁ。

この大きさではワンピースやロングコートを洗うのは無理っぽいか?

メッチャ欲しい!5万だから買うね!

次世代とか新型ガジェットとか聞くとワクワクする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑