一日400円で漫画読み放題 天国のような空間「立川まんがぱーく」

公開日: : らいとめNews, 生活

夏休み。

週末にはどこか行きたいけれど、人混みは苦手・・・。そんな人におすすめのスポットが「立川まんがぱーく」です!

入館料わずか400円で朝から晩まで漫画が読み放題のこの夢のような空間。

今回は立川まんがぱーくについてご紹介。

立川まんがぱーく

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9090749/

「立川まんがぱーく」

立川駅南口から徒歩10分。「子ども未来センター」の2階にあるのがこの「立川まんがぱーく」。

入館料の400円を靴のロッカー料金として最初に支払うだけで、あとは閉館時間まで、朝から晩まで漫画を読み放題。

38,000冊の漫画が用意されています。

2010年、立川市庁舎が北口に移転したことで南側の人通りが減少。南口エリアの活気を取り戻すために同施設を始めたとのこと。

そこで立川という土地の特性を生かして提案されたのが「漫画」。

漫画好きの人には、老若男女問わず”天国”のようなこの空間。この夏ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

営業時間などの詳細

【開館時間】月曜~金曜:午前10時~午後7時/土曜・日曜・祝日:午前10時~午後8時(8月31日までは営業時間を1時間延長)
【入館料】大人(15歳以上):400円/小人(小・中学生):200円

「立川まんがぱーく」の3つのおすすめポイント!

1,最高の空間

立川まんがぱーく1

漫画喫茶のように暗く閉鎖的な個室とは違い、こちらは開放的。自分の好きな場所で漫画を読めるが最大のポイント。

木と畳の空間には静かなショパンが流れ、面積は約700平米という広さ。

日当たりの良いベンチ、ゴロリと寝転がれる畳、外には中庭を見渡すことが出来るテラス、押入れのような個室のような隠れ家気分の小さな空間、どこで読んでもおkです。

好きな場所で、最高の気分で漫画を読みましょう!

2,充実した漫画保有数

現在、保有されている漫画の数は約38,000冊。新刊も発売から約1か月後には読めるようになります。

懐かしの漫画から、最新の漫画まで、その品揃えはかなり充実。老若男女誰でも楽しめる量の漫画があるので、家族で来て「それぞれ漫画を楽しむ」という人たちも結構多いようです。

また、書店や漫画喫茶と違い同施設では、漫画を出版社や作者順ではなく、ジャンル別に並べています。

(例えば「華麗なる食卓」なら【食・料理】の棚に、「N’sあおい」なら【生活・育児・健康】の棚、といった感じ。)

出版社などよりもジャンル別の方が、その時の気分に合わせた漫画を探すのに最適かもしれませんね。

タッチパネルでの漫画の場所を探す機材もあるので、読みたい漫画をピンポイントに探すのにも安心です。漫画のリクエストも受付中だそう。

3,飲食も可能

ホットケーキ100円、タコ焼き160円、チキンカレー(小)230円など、食事メニューも充実!

長時間いればお腹も空いてきますが、手頃な価格で飲食物も充実。しかもエリア内であればどこでも飲食おkというのも嬉しい。

食っちゃ寝(漫画を読み)、食っちゃ寝がリアルに可能というまさに夢のような空間!

立川まんがぱーく2

漫画好きには、まさに”天国”のようなこの空間。

「立川まんがぱーく」、この夏、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑