甲子園開幕間近!高校野球の『あるある30』 「出身地が勝ち上がると嬉しい」「プロ野球より熱中」

公開日: : らいとめNews, スポーツ

8月6日には組み合わせの抽選が行われ、9日(~23日)から開催される甲子園。

第96回全国高校野球選手権大会(甲子園)の開幕まであと1週間を切りました!

負けたら終わりの高校球児たちのアツイ夏、プロ野球より高校野球のが好きって人もかなりいますよね。アメトークでも高校野球大好き芸人とかやってましたしw

そんな甲子園の「あるある」30個が紹介されていました!あなたはいくつ当てはまりますか?

甲子園

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9108530/

甲子園あるある30個!

1:高校球児の清々しいプレーは見ているだけで気持ちいい
2:甲子園期間中はプロ野球より高校野球に熱中する

私も甲子園は見ますが、普段のプロ野球はあまり見ませんね。高校球児のプレーはやっぱり観ていて楽しいです。

3:負けているチームを応援する
4:自分の出身地の高校が勝ち上がると嬉しい
5:出身地の高校が負けると近隣の高校を応援する
6:ふるさと紹介VTRに出てくる球児が初々しい

地元の高校を応援する(出来る)のも甲子園の面白いところ。母校じゃなくとも応援しますよね。負けたら近くの県の代表を応援するのも”あるある”。

7:3年生で試合に出られない選手の献身的なサポートに感動する
8:球児の涙にもらい泣き
9:夜に放送される『熱闘甲子園』を見てまた泣く

熱闘甲子園の感動はマジでやばい。試合に出られないベンチ選手や怪我で今大会出られなかった3年生など、涙腺ぶっ壊しにきてますよね、あの番組。

10:長島三奈さんは高校球児にとって永遠の憧れ
11:中継カメラがかわいい生徒を狙い撃ち
12:逆に女性はイケメン選手を探す
13:吹奏楽部の応援が好き

あるある。健康的に日焼けした応援団の女子生徒とか可愛すぎてやばい。最近「~王子」ってあまり聞かなくなったね、そういえば。

14:総合と教育テレビのチャンネル切り替えは素早くやる

ちょーあるw 毎年、2,3日目以降にもなると、左上に表示される時間とかで即判断出来るようになってますよね。

15:最後のバッターはタイミングアウトでも一塁へヘッドスライディング
16:なんだかんだ「怪物」は毎年登場する
17:とりあえずピッチャーがモテる
18:高身長のピッチャーは「○○のダルビッシュ」

「怪物」や「◯◯のなになに」とかはメディアも盛り上げるために仕方ないw 確かに毎年出てくるけども。

19:最後の最後まで勝負の行方がわからない
20:エラーがエラーを呼ぶ
21:そしてエラーは「魔物」のせいにされる
22:ピンチのあとにチャンスがくる

これが一番面白いところだと思う。本当、気持ちとかテンションに左右されやすいのかエラーは続くし、9回2アウトでも試合は分からない。

ファインプレーをした選手は必ずそのあとヒットを打つし、あの高校球児たちの一喜一憂がプロではあまり見られない面白さなのかなぁと思う。

23:試合開始のサイレンで夏を感じる
24:それで柳沢慎吾さんを思い出す

柳沢慎吾は分からないけど、確かに夏は感じる。外のセミの声が余計に大きく感じる瞬間ですよね。

25:プロにいきそうな選手を自分で発掘
26:強打者が敬遠されると松井秀喜氏を思い出す
27:自分の年齢と球児を比べて切なくなる

甲子園に限ったことではないですが、10代で活躍しているスポーツ選手を見ると「あ~歳とったなぁ」と感じますよね。切ない。

28:公立高校で強いチームは本当にスゴい
29:バックネット裏の「ラガーシャツのおじさん」を探す
30:熱狂したものの次の年になるとどこが優勝したのか忘れている

公立校は応援したくなりますね。前年の優勝校は確かにど忘れしやすい。そして熱闘甲子園でやってて思い出す。

まとめ・感想

以上、『甲子園あるある30』でした!

今年の予選では、昨年優勝校の前橋育英高校が敗退、全国から注目を集めていたMAX157キロ右腕の安楽投手(済美高校)も予選で敗退と、番狂わせが起こっている。

石川県予選決勝では、9回裏に8点差を大逆転するという奇跡も大きく報道された。

予選からすでに波乱の今年の高校野球。甲子園では49校の頂点にどの高校が立つのだろうか。目が離せない。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑