*

パンやパスタ、小麦製品の摂り過ぎ注意!グルテン中毒の悲惨な症状

公開日: : らいとめNews,

――グルテン中毒に陥っていませんか?

パン派ですか?ご飯派ですか?

パンやパスタなど小麦製品をよく食べていて、ご飯(お米)を食べない人はグルテン中毒に陥っている可能性があるのをご存知ですか?

知らず知らずのうちに陥りやすい症状であるグルテン中毒。症状も結構悲惨で、注意が必要です!

グルテン中毒

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9118295/

■グルテン中毒に注意!

パンやパスタなど小麦製品に含まれる”グルテン” 最近話題の砂糖中毒なんかと同様に中毒性があります。

パンだけでなく、パスタやうどん、ラーメンなんかにも含まれ、どうしても食べたくてしょうがない・・・!という禁断症状が現れます。

そんな欲に心当たりがある人は注意が必要ですよ。

■グルテン中毒の症状は悲惨

グルテンはアレルギー物質でもあるため、過剰に摂取するとアレルギー反応を引き起こす可能性が高くなります。つまりアレルギー体質になるかもしれないということですね。中毒になり、食べたくてしょうがなく、挙句アレルギーになってしまうとかすでにだいぶ悲惨ですね…。

パンを食べて気分が悪くなったりする場合、すでにアレルギー反応の前兆かもしれないので注意してください。

また、グルテンの過剰摂取は精神状態にも影響します。

体が疲れやすくなったり、倦怠感やうつ症状などをもたらします。神経系に障害がもたらされる可能性があるともいわれているので、過剰摂取はしないようにしたいですね。

■糖質もやばい

知っている方も多いかもしれないですが、小麦粉自体が糖質です。砂糖よりは大丈夫だろう、と思ってないですか?

実際小麦粉を調理して、パンが出来上がった場合の糖質量は、通常の小麦粉よりはるかに倍増します。(例:食パン1枚は角砂糖8個分くらいの糖質)

グルテン中毒になってしまい、毎日のようにたくさんパンを食べるようになればその分糖質も過剰摂取になりがち。その上ジャムや蜂蜜など毎朝つけて食べてた日には・・・。

グルテン中毒に加えて今度は糖質中毒になってしまうかもしれません。悪循環がやばいですね。体型的な心配ももちろん出てくるかもしれません。

■症状を見逃さないように

小麦製品を控えてみて、イライラ感や憂鬱感が出てきた人は、すでにグルテン中毒かも知れません。また、上述の通り食べた際に気分が悪くなるような人はすでにアレルギー体質になっているのかも。

その中毒症状は、麻薬のそれに近いと言われ、脳への影響は多大なものに及び、指令系の神経が乱れ、通常の思考能力も低下してくるなどの症状があるとのこと。

タバコや酒の中毒に近いと言えば、その危険性も伝わるかもしれませんね。

確かに美味しいパンやパスタなどの小麦製品。しかし過剰摂取すると恐怖のグルテン中毒になるかもしれません。何事もほどほどが大切摂り過ぎには注意してくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑