水槽に割り箸入れたら金魚が死亡 97%が中国産、恐怖の”猛毒割り箸”

公開日: : らいとめNews, 生活

――中国の猛毒割り箸がやばい

日本マクドナルドを脅かした、使用期限切れの鶏肉問題。その影響はマクドナルドのみにとどまらず、中国産食品全体に対する危険視へと広がりを見せているといってもいいだろう。

かねてから不安・危険だとされてきた食材だが、それ以上に危険なのが中国産の割り箸だという。

割り箸

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9117859/

■中国の割り箸

上海のレストランで割り箸を澄んだスープに割り箸を入れたところ、一瞬でスープが濁ったという事件が発生。(一般客の食事中のことだった。)

報告を受けた当局が調査のため、割り箸を水槽に入れたところ、それまで元気に泳いでいた金魚が死んだらしい。

このような毒性を持つのには、生産過程の問題がある。

中国の割り箸での製造過程では、強力なカビ防止剤、見栄えをよくする漂白剤など人体にも有害な薬物がかなり使われている。しかもほとんど洗浄されずに出荷されているというのだから恐怖を感じ得ない。

食品と違って、日本に輸入される際にも、”工業製品”である割り箸は食品のような厳しい検査もなくフリーパスのような状況なので、このような状況になりやすいようだ。

■猛毒割り箸の使用量

このような”猛毒割り箸”だが、なんと日本で使われる割り箸の97%が中国産だという。他人ごとではない!なんてレベルではない。

日本での割り箸の年間使用量は約250億膳。もちろん全てが危険だということはないのだが、専門家によると、

「中国の割り箸の生産業者は、個人経営の零細企業が多い。そのため薬剤の洗浄が不十分なことは大いにあり得る。私は一切使用しませんね。」

とのことだ。

中国から世界への年間輸出量は約800億膳。箸文化の日本は全体の1/4以上を使用している。他人ごととはいえない猛毒割り箸。できるだけ”マイ箸”を使いたいものである。

<ネットの反応>

日本に対する「毒わりばしテロ」とも言える。恐るべし腐敗度、中国。

アイスキャンディーの棒もほとんど中国。

スーパーやコンビニの弁当に付いてくる割り箸も危ないのか!?マイ箸を使おう!

まじで?!水草設置するのに割り箸使った・・・。金魚バタバタ死んだのこのせいだったのか?

これ、前とくダネ!で実験して水が茶色ににごりだしてぷっかり金魚が浮いてた映像を見たことがある。

安心と信頼の中国クオリティー。「危険割り箸」とでも名づけて注意喚起したほうがいいんじゃない。

今の季節、アイスの棒とか気をつけたいですよね。いつもガジガジ噛んでるんだけど・・・。やめよう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑