湘南の夏に異変?海の家の経営が条例により困難に。利用客激減の今

公開日: : らいとめNews, 生活

――湘南の夏に異変?

行政からの規制強化により、クラブ型の海の家で有名な逗子海岸に今異変が起きているという。

今年3月の条例で「音楽」や「飲酒」が厳しく禁止され、海の家の営業も18時までとなった。

そのことが影響して、昨年同時期で4万人いた客も8000人にまで減少、売上も70%近く落ち込んでいるという。

湘南の夏

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9122636/

<記事によると・・・>

■クラブ型の海の家で有名な逗子海岸が経済的”冷夏”を迎えている。

■条例による禁止事項と、電気代・ガス代の値上がりで経営は赤字だ。

逗子海岸営業協同組合の理事は、

「浜辺で酒も飲めない音楽も聞けない。こんなビーチに誰が来るのか?」
「ファミリービーチを目指すという行政は、集客のための対策を何ら講じてくれず、ただただ利用客が減っている。前年と同じく4万人をファミリーで埋めて初めてファミリービーチ化といえるのではないか」

と話す。

■行政のこのような方針は昨年の7月14日、夜の逗子海岸で起きた殺人事件が原因だという。

暴力団組織の海の家の利権関係を巡るいざこざで起きた事件だったようだ。

■「秩序が乱れた海岸」になってしまっていたことは確かで、そこは襟を正さなくてはいけない。

ただ、毎年行われていた指針会合からも海の家事業者は除かれ、話し合いのテーブルにすらつけないので、対策を取ることもできない。

<ネットの反応>

お客の激減はお店側としては痛いと思うのですが、「音楽禁止」「海の家以外での飲酒禁止」はおかしい事なんでしょうか?海って泳ぐとこじゃないの?

何故規制が強化されたかというと呼びかけても呼びかけても自主規制出来なかった利用者側に問題がある 行き過ぎた行為によって規制されて、いざ規制されたら被害者ヅラとはいいご身分だ

海の家って結局ヤクザと漁協の利権なんだから、行政は漁協から利権を取り上げればいいんじゃない?別に海岸で飲酒やタバコがのめなくてもいいじゃん

素晴らしい!としか思えないのですが…。日の暮れた18時以降の海で何がしたいのか教えてほしいものです。

良いことのように思うけど。困ってるのは行儀が悪い連中を相手にしてた業者だけじゃないの?

条例の規制内容はどれも常識的なもので、家族が安心して遊べる海岸が一番。海の家の売り上げなどは考慮に値しない。

きれいな水に魚はすめないということかな?

ハワイも店以外で酒飲むのはそもそも法律で禁止なんだが、世界中から大人気だぜ?

ネットの反応は斜め読んだだけでも、「条例は常識的なことを求めているだけで至って当然」といった感じの意見が多いように見えますね。

海の家経営側からすれば痛手かもしれないですが、焦点を変えて、普通の家族連れや近隣住民にあてれば、こちらは喜んでいるかもしれないですしね。

それにしても「綺麗な水に魚は棲めないということか?」というのは一言でうまくまとめていると思いましたw

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑