マイクロソフト最新OS『ウィンドウズ9』が9月に発表の見通し 一般販売は2015年前半

公開日: : IT, らいとめNews

――次期OS「Windows9」が9月に発表の見通し

Microsoftがプレス向けの発表会を9月30日に開催することが明らかに。

この発表会では、次期Windows OSが発表される見通しだ。

名称は「ウィンドウズ9」となる公算が大きく、来年前半に一般発売されるという。

ウィンドウズ9

参考元→http://gigazine.net/news/20140822-windows9-coming-soon/

■Windows 9

Microsoftの基本ソフト(OS)である「ウィンドウズ」。最新版となるWindows9(仮称)が近々発表される。

9月30日開催の発表会で明らかにされるだろう見通しで、同時にソフト開発者向けに試験版も公開されるようだ。

現在、Microsoftが開発中の次期OSソフト・コードネーム「Threshold」が、「Windows 9」として発表されると見られている。

Windows 8でスタートボタンを廃止するなどタブレット端末用OSとの融合を一気に進めたが、販売は伸び悩み苦戦しているのは周知の事実。

8.1など修正版も導入されたが、かなり早い段階でのWin9の投入。MicrosoftはどうやらWin8での巻き返しは諦めて、次期OSの投入に踏み切ったよう。

通例であれば次期Windows OSの発表後すぐに開発者向けのプレビュー版がリリースされることから、Windows 9のプレビュー版も近く登場すると見られており、スタートボタンが復活していると予想されている。

Windows 9では、

・スタートボタンの復活
・「チャームバー」の廃止(win8で登場したスワイプ操作で画面右に登場するメニューバー)
・「Cortana(コルタナ)」の行方(Windows Phone 8.1で搭載されたバーチャルアシスタントソフト)

の採用などに注目が集まっている。

タブレット端末用も意識して進めた結果、従来のデスクなどのPCのユーザーからは評価が得られずに失敗に終わったWin8。

Win9ではこれらの層に対してどのような対策・機能などが導入されているかが評価の分かれ目になりそうです。

■Windowsの発売時期

ウィンドウズOSの発売時期を振り返ると、

XP 2001年
Vista 2006年
7 2009年
8 2012年

となっており、Windows9が(現在での)情報の通り2015年に発売されるとすれば、ここ数年の流れの通り、約3年後の登場ということになり、近年の短命なOSに8も歯止めをかけることが出来なかった結果ということになりそうです。

■ネットの反応

Win7を改良していけばいいだけだと思うんだが、8みたいな失敗は嫌だな

8よりマシならなんでもいい感

Windows 7は画面の左下隅にスタートボタンが固定されてるから使い勝手良かったよなぁー。復活して欲しい

metroそのものはそんなに悪くないけど、タッチパネル非搭載機種には全く向かないんだよなぁ

スタートメニューとかチャームバー削除したり、退化していくOSというのも珍しいな・・・

見切り早いなと思ったけど、以外と年月経ってた。8.1とか出たから最近の気がするのかな

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. […] 、近年の短命なOSに8も歯止めをかけることが出来なかった結果ということになりそうです。 [引用元] マイクロソフト最新OS『ウィンドウズ9』が9月に発表の見通し 一般販売は2015年前半 […]

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑