「教科書ってどのタイミングで捨ててる?」 処分する時期はいつ

公開日: : らいとめNews, 生活

――学校の教科書ってどのタイミングで捨ててる?

教科書を捨てるタイミングって結構悩みますよね。

「まだ使うかも」「いつか復習するかも」「兄弟・後輩にあげるかも」・・・などなど、捨てれない理由も色々ありそう。

そんな悩みは、結構多くの方が感じたことがあるようで、gooで「教科書をいつ捨てたか」という質問には多くのコメントが寄せられていました。

あなたはどんなタイミングで捨てましたか?

教科書を捨てるタイミング

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9175325/

あなたの教科書を捨てるタイミングは?

■処分派

処分する派には、気にせずさっさと捨てる人と、数年ほどで捨てる人が多い模様。

具体的には、

「卒業と同時に」
「復習分として1年間は持っている」
「引っ越しの際」

など、区切りを決めて捨てる時期を決めているようです。

いつまでも持っていても案外使うこともなく邪魔だったりするので、期限をきっちり決めてしまうのはいいかもしれませんね。

中には、「最後の授業が終わった瞬間(休み時間に)捨ててしまった」という神速で捨てた方もw

用務員に見つかり、後ほど教師に怒られたそうです。

■捨てられない派

そもそも捨てられない、または、よほどのことがなければ捨てない派も。

「実家には小学校の頃からのものが残っている」
「教科書・文学書・辞書類がごっそり倉庫から出てきた」
「ずっと取っていたけど大雪で倉庫が潰れた」
「取っておきたかったけど火事で燃えた」

などなど、何かがない限り『捨てない』派の人も結構いるようです。火事は切ない・・・。

中には、取っておくためにレンタル倉庫を借りてお金を払ってまで残している人もいるようです。

こちらの方の多くは、「後々使うかも?」という考えというよりは、どちらかと言えば記念や思い出といった考えが強いのかもしれませんね。

■モノによって捨てたり取っておいたり

最後は、教科書の種類によって捨てないものもあるというタイプ。

「辞書類」
「地図帳」
「国語便覧」
「家庭科のカラーグラフ食品成分一覧」

など、実用性がありそうなものは取っているという人もいるようです。私も辞書類は捨てずにいますが、六法とか何にも使う機会来ないですね…。

まとめ・感想

いかがだったでしょうか。色々なタイプがいますね。

大雑把にまとめるのならば、さっさと捨てる人・実用性のあるモノは残しておく人・全て残しておく人の3タイプいるようです。

ちなみに私は実用性のあるモノ(辞書くらいですが…)だけ残して、他はその学年が終われば即座に捨てていた派。「復習に使うかも」は使わないことを学生時代に学びましたw

教科書の捨てるタイミングも性格が出る気がしますね。あなたはどんなタイミングで捨てていますか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑