「無線LAN」と「Wi-Fi」の違いって?規格と相互利用がポイント

公開日: : IT, らいとめNews

――「無線LAN」と「Wi-Fi」の違いって?

以前は”無線LAN”という言葉をよく耳にしていたのに、最近では”Wi-Fi”という言葉をよく耳にします。

この違いについて意外と知らない人も多く、gooで質問されている方がいたのでご紹介。

インターネットやパソコンに関する言葉ってなんとなくは分かっても、詳しくは分からないものも多いですよね。

これを機会にこの2つの違いについて知っておきましょう。

「無線LAN」と「Wi-Fi」の違い

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9183564/

■無線LANとは?

先に結論から言ってしまうと、無線LAN>Wi-Fi といった感じ。無線LANというものの中の規格の1つがWi-Fiです。

それぞれ見ていくと、

無線LANとはその名の通り、LAN(ローカルエリアネットワーク)を無線にしたから「無線LAN」

接続の形態を示した言葉ですね。

パソコンとルーターをケーブルでつないでいた有線LANに対して、無線LANは、電波をとばしてパソコンとルーターなどの機器をつないで、無線でLANを構築したものです。

■Wi-Fiとは?

Wi-Fiはその無線LANの規格の1つ。

無線LANの規格をそろえて誰でもつながるようにしたものがWi-Fiです。

Wi-Fiは、Wi-Fi Alliance(米国に本拠を置く業界団体)が管理しており、この団体が決めた規格を守っているモノには全てWi-Fiのロゴが付きます。

そしてこのロゴは、「違うメーカーでも互換性が保障されていますよ」という意味であり、開発・製造・販売が異なる企業のモノであっても相互接続が可能です。

■無線LANとWi-Fi

無線LANは、統一規格ができる前は、同じメーカーの製品であっても、相互接続の保証がされていませんでした。

Wi-Fiの認証を受けた製品は相互利用が可能なので、家庭ではルーターを介して、PCやプリンタの他に、ゲーム機やスマートホンなどが接続できます。

人が多く集まる場所では公衆の無線LANが導入されている『Wi-Fiスポット』などは昨今よく耳にする言葉ですね。

つまり、Wi-Fiは最初に述べたように無線LANの規格の1つです。

例えばブルートゥースで無線LANを組むことも可能なので、無線LAN=Wi-Fi というわけではありません。

ただし、「厳密に言えば」異なるものですが、実際には一番普及している無線LANの規格がWi-Fiなので、ほとんどの場合は同じ意味で使っても差し支えはない場合が多いです。

以上、「無線LAN」と「Wi-Fi」の違いでした!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑