「知らなかった」では済まされない!実は違法行為にあたる10の行動

公開日: : らいとめNews, 生活

――「知らなかった」では済まされない実は違法行為にあたる行動

何気ない行動が、実は法に触れる違法行為であることが結構あります。

今回は意外に知らない違法行為についてのランキングをご紹介。

「知らなかった」では済まされないので、ぜひ知っておきましょう!

決闘

参考元→http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20140827/Goorank_42782.html

意外な違法行為ランキング

1位:並んでいる列に割り込みする 17.8% 

軽犯罪法第1条第13号に記されている違法行為。

2位:タクシーの中で吐く 15.2% 

「契約違反」となり賠償請求される

3位:決闘に応じる 15.0% 
6月以上2年以下の懲役

4位:公園で唾を吐く 13.8% 
軽犯罪法第1条26号違反。拘留または1000円以上1万円未満の科料に処せられ、前科として残る場合も。

4位:届け出をせずに南極に行く 13.8% 
南極地域の環境の保護に関する法律に基づき届け出をせず立ち入ると50万円以下の罰金

6位:指定日前日夜にゴミを捨てる 13.6% 
廃棄物の処理及び清掃に関する法律により罰せられることがある

7位:つり銭を多くもらったことに気付いたが黙って受け取る 9.6% 
詐欺罪にあたる

8位:電柱・電信柱に登る 9.4% 
登るには「電気主任技術者」という国家資格が必要

9位:お酒を飲んで自転車に乗る 6.0% 
5年以下の懲役または100万円以下の罰金を科せられる

10位:新年会や歓迎会で無理に飲ませる 5.4% 
「飲酒を強要する等の悪習を排除」と法律に明記されている

コメントなど

1位は列に割り込む

電車待ちや販売待ちの列に割り込みはたまに見かける光景ですが、単なるマナー違反ではなく、軽犯罪になることもあります。

3位の決闘に応じる

最近、福岡でこの罪にあたり、書類送検されていた中学生がいましたね・・・。

前記事
【修羅の国】福岡で中学生が決闘容疑で13人書類送検 LINEで決闘約束、観戦100人

4位の南極に行く

いきなり非現実感が半端ないw

6位、指定日前日夜にゴミを捨てる

仕事の時間なども人によってマチマチなので、案外知らずに犯してしまいそう。

常識的に考えると、日が昇ったらOKとするところが多いようですが、確実なのはマンションの管理人さんや大家さんに聞いておくことでしょう。

9,10位はお酒に関することがランクイン。

飲酒運転や飲み会の席でのパワハラなどは近年話題となることが多かったこともあり、違法行為だと知っている人も多いようですね。

以上、意外と知らない違法行為のランキングでした。

他にもこのような違法行為にあたる行動はたくさんあります。

どれも基本的には他人に迷惑をかけるような行為に対する規定ですので、法を全て知っておく必要はなく(知っておくに越したことはないですが…)、迷惑になるであろうことは避けておけば間違いないでしょう。

マナー違反で済まない場合もあるので注意してくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑