高校の修学旅行先、1位は「九州・沖縄」 国内旅行が増加も”高額”が問題か

公開日: : らいとめNews, 生活

――最近の高校生の修学旅行事情 行き先は「九州・沖縄」が多め

高校の修学旅行についての調査結果が、ベネッセ教育情報サイトにより明らかになった。

修学旅行の実施時期は、高校2年生のうちに実施する高校が90%を超えている。

その行き先には「九州・沖縄」が34%と高い割合を占めており、さらに保護者たちの98・8%が「行かせてよかった」と回答していることがわかった。

修学旅行の満足度は高いようである。

修学旅行 沖縄

参考元→http://resemom.jp/article/2014/09/11/20396.html

■修学旅行の行き先調査

卒業生の保護者を対象にアンケート。1200名以上の回答を得た。

行き先の割合は、

1位 九州・沖縄・・・34.2%
2位 北海道・・・16.4%
3位 海外・・・14.6%
4位 近畿・・・12.3%
5位 関東・・・9.5%

となり、九州・沖縄がかなりの割合を占めていることが判明した。

行く時期は、「高校2年生の10~12月」がもっとも多く45.3%、次いで「高校2年生の1~3月」19.0%、「高校2年生の4~6月」15.8%、「高校2年生の7~9月」10.4%となり、2年生の間に修学旅行に行く高校が9割を超えた(計:92.1%)。

ちなみに高校3年生では7.9%、高校1年生では1.6%となった。

■修学旅行の満足度

修学旅行に関して学校に払い込んだ金額についても調査されており、

5~10万円・・・51.9%
10~15万円・・・24.7%
5万円未満・・・11.4%
15~20万円・・・6.6%
20万円以上・・・5.4%

となり、5~15万円の金額が全体の8割近い数を占める。

保護者は、子どもを修学旅行に行かせてよかったかという質問には、「よかった」という回答が98.8%を占めたが、中には「費用が高額すぎて大変」だとの意見も見られた。

国内への修学旅行が増える中、満足度は上がっているようだが、これからは費用をいかに(学校側も)抑えるかどうかが焦点になりそうである。

関連記事

秋田県、韓国への修学旅行0に。補助金は赤字空港維持のため

■ネットの反応

今では海外のが安いだろうからなー。あんまり高すぎるのは問題かも。

良い事ではあるよな。変な国に行くよりも自国を学んで自国に金を落としたほうがいいだろう

まぁ「九州・沖縄」は定番よな

ウチも沖縄だったわー

国内でも良いところをまだまだ行けていないような年齢だろうし、海外行くより国内を見て回ってほしいわ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑