踊る赤信号!信号無視を激減させた「楽しい赤信号」現る

公開日: : らいとめNews, 生活

――赤信号を楽しいモノへと変えた天才現る!

赤信号が好きだという人はそうそういないものでしょう。

長い待ち時間は退屈で、イライラしてしまうことも。信号無視はダメですが、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」そんな言葉が昔から浸透するほど、誰もが赤信号を待つことが嫌いなのだということが分かります。

そんなイライラを解消した天才が登場!その方法は「赤信号を楽しいものにすればいい」ということで、なんと信号が踊りだすというもの。

実際に見たほうが早いかも。動画はこちら。

本当に踊ってる!!

いきなり赤信号が踊り出したら多くの人が釘付けになりますよね。なんという面白い試み。

実際に、効果はいかほどだったかというと・・・

踊る赤信号に注目

赤信号待ちの人々は大注目!なんと81%もの人が赤信号を待つようになったとのこと。

日本でやれば100%行くかもしれないですね!

ちなみにこの赤信号、単にプログラムされたものを流しているわけではなく、実際にダンスをしている人をキャプチャして出力しています。

このおかげで滑らかでリアルな映像に。

設置されたキャプチャするための巨大な専用ボックスでダンスを踊ると、リアルタイムで赤信号に反映される仕組み。

飽きられたら足を止める人が減りそうですが、色々な人が踊り、違う映像が見られるのであれば、そんな問題も解決ですね。

踊る赤信号 ダンスボックス

踊る赤信号 リアルタイム反映

ここまで大掛かりな仕掛けを日本で作ることは難しいかもしれないですが、待ち時間の”退屈”を”楽しい”モノにするという発想は参考にしたいもの。

赤信号が楽しくなる日が来るといいですねー。

■ネットの反応

これは素敵だなあ。踊っている人が違うことで飽きが来ないというところが素晴らしい。

こりゃ誰もが足を止めたくなるねー。赤信号でワクワクします

ここまでしなくても、ランダムに出すだけでも違うかも。いいねえ

こういういい意味で馬鹿なことっていいよなー

面白いなあ.でもこれだけやって20%も信号無視するっていうのは日本じゃ考えられないなw

赤信号時に車内TVみたいに広告やニュース、天気予報を流してもいいかもね。

日替わりで映像が変わることによって注目させるとかそのうち広告を載せ始めるとかSFの都市の設定でありそう

素晴らしいなw 日本ならダンスより美少女とかが効果あるかなw

赤信号を面白いモノに変えた天才の紹介でした!

ネットの声にもありましたが、日本でやるのならダンス専用ボックスとかは大掛かり過ぎるので、天気予報や広告、ニュース、また変わり種では美少女の映像などを流すだけでも注目を集められるかもしれないですね。

個人的には、アニメのPVとかがいいかな!w

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑