中国で「マックチキンナゲット」が人気。食肉問題の現地がなぜ?

公開日: : らいとめNews,

――中国で「マックチキンナゲット」が人気。食肉問題の現地がなぜ?!

7月に調達先の中国・上海の食肉加工会社が、使用期限の遥かに切れた鶏肉を使っていたことが発覚、激しいパッシングにさらされたマクドナルド。

8月には上場以来、売上が最低まで落ち込んだ。

このような状況で逆に売上が伸びているのが、なんと問題の現地となった中国。

特に「チキンナゲット」の売上が伸びているというのだから驚きだ。

なぜ今、中国でマックチキンナゲットが人気なのだろうか?

中国でマクドナルド人気

参考元→http://taishu.jp/11190.php

■中国では人気上昇中

食肉問題の発信地となった中国では、マクドナルドの人気が伸びている。

その理由を、中国を中心に取引する某貿易会社の社員はこう語る。

「中国では鶏肉の問題の発生以来、マクドナルドが以前にも増して人気です。一部の富裕層を除いて、一般的な中国人は『チキンナゲットがあんなに安いなんて、どうせ鶏肉と言いながら別の肉でも使っているんだろう』と思っていたそうです。それが今回期限切れの鶏肉を使っていたことが発覚したことで、『本当に鶏肉を使っているんだ』とかえって安心したようで、支持を集めています(笑)」

お国柄の違いと言ってしまえばそれまでだが・・・。

日本では過去ないほどに落ち込みを見せたわけだが、中国では鶏肉を使ってさえいればそれでいいのだろうか…?

これだけ受け取り方に違いがあれば、食肉問題のようなことが起きるのにも妙に納得が出来てしまう。

なんとも驚かされる話だ。

■日本ではハッピーセットを中心に巻き返しを狙うものの・・・

大人気コンテンツの「妖怪ウォッチ」とのコラボメニューを提供するなどして、巻き返しに奮起している。

しかしマクドナルドの社員によれば、コラボしているハッピーセットこそ好調だが、ハンバーガーやポテトといったルーティンメニューが総じて不調。
そこそこ客が入っているように見えても、コーヒーで粘っている客が多いだけなのだという。

日本では、まだまだ信頼の回復には時間がかかりそうである。

■ネットの反応

普段どんなもん食わされているんだ・・・

期限切れ偽装肉と偽肉との比較ってのが…

レベル低すぎやろ。大丈夫か

すごい発想だな。ついていけないわ

( ;∀;) イイハナシダナー

関連記事

マクドナルド、8月売上が上場以来最大の落ち込み。ハッピーセットで巻き返し狙う

『マックチキンナゲット』中国の期限切れの鶏肉混入 販売停止へ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑