中国人バイヤー、日本で「iPhone 6」大量ゲットも税関でボッシュート

公開日: : IT, らいとめNews

――中国人バイヤー、日本で「iPhone 6」大量ゲットも税関でボッシュート

登場以来売れ行き好調のアップルの新型スマートフォン「iPhone6」。

日本でも品薄の状態が続いているが、中国では価格が高騰している。

というのも、iPhone6の販売が開始された国はまだ日米含めた数か国であり、中国では発売時期は未定だ。

さらに、一部の北米版iPhoneを除いて、モバイルネットワークの周波数的な問題もないため、需要は高い。

そのため、中国では海外から輸入したiPhone6の価格は高騰しており、日本でも多くの中国人がApple Storeに並び、ホームレスの人々を使うなどして大量に買い占めに走った。(アップルは「iPhone6」や「6plus」の機種に関わらず、一人2台までの販売としているため。)

「アップルストア心斎橋」(大阪市中央区)では、希望していた端末の売り切れに腹を立てた中国人100人あまりが暴れるという事件まで起きている。

そこまでしてやっと入手した新型iPhoneだったのだが・・・

努力虚しく、19日、税関で押収されたことが判明した。

iPhone6 税関で押収

ソース→http://blogofmobile.com/article/23160

■押収されたiPhone 6

押収されたiPhone 6はビスケットの箱に入れられていたという。

荷物のX線検査を通した際にビスケットとは異なる物が入っていることを税関職員が気付いて開封。

20台のiPhone 6が出てきたとのことで、いずれも16GBモデルで本物とされている。

押収が確認されたのは拱北税関。

中国・珠海にある税関で、マカオ特別行政区との境界に設置されている。

中国の税関では新型iPhoneの「密輸」を防ぐために監視の目を光らせており、「価値が高く人気の電子機器が密輸されるのを防ぐためには努力を惜しまない」と話しているそうだ。

■ネットの反応

これはワロタwwwざまぁwwww

税関職員のiPhone 6の所有率が高くなるな!

でも押収したブツを横流しされて結局流通するんだろ?

押収したものを横流しするまでがCHINAクオリティ

横領するために本気でチェックします

中国はこういうとこだけはしっかりしてるよな。金目になるとよく働くのな。

中国で製造してるもんをわざわざ日本に飛行機で買いに行って
帰国したら没収って・・・。

どんな法的根拠で没収してるんだ?
>密輸
>税源になる取引隠しだから

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑