子どもの頃は好きだったのに…大人になったら嫌いになった食べ物ある?

公開日: : らいとめNews,

――大人になって嫌いになった食べ物ある?

子どもの頃に食べられなかったものが今では好きな食べ物、というのはよく聞くことです。

野菜のセロリや春菊、ふき、サザエ、コーヒーなど苦味のあるものであったり、わさびやカラシのような香辛料、納豆やオクラなどのネバネバしたもの・・・などなど。

今では食べられるようになった!という食べ物も少なくないのでは?

では、反対に大人になってから食べられなくなったもの・嫌いになったものにはどのようなモノがあるんでしょうか。

大人になると「味覚」は変わるといいますが、結果はいかほどに・・・?

大人になって嫌いになったチョコレート

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9275902/

大人になって嫌いになった食べ物

まずは、「子どものときに好きだったけど、大人になってから嫌いになった食べ物はあるか?」という質問に対する答えは、79/472 人という結果になり、6~7人に1人ほどいる模様。

案外少ない?といった印象です。意外と皆さん子どものときの好きなものを今でも好きみたいです。

大人になって「嫌い」とまではいかなくとも、あまり食べなくなったものだったら、もっと多いのかもしれないですね。

それでは、「ある」と回答した人の挙げた食べ物を見ていきましょう!

●チョコレート
・受け付けなくなった。もう食べたいと思わない。
・甘すぎるのが苦手になった。

●生クリーム
・仕事で食べる機会が多く、拒絶反応が…。
・甘さがくどいと感じるようになった。

●あんこ
・あずきの甘さがくどくて今はもうダメ。
・あんこというか和菓子全般苦手になった。

●スナック菓子
・子どもの時ほど食べられない。
・今はもう胃もたれするようになった。

●ヨーグルト
・昔ほど好きじゃない。
・食べたらお腹を壊す機会が多くなったから。

●知育菓子
・奇抜な色が気になってもう無理。
・あの甘さは大人になってからは苦手。

●エビ
・形が苦手になった。

●卵かけご飯
・生卵がダメになった。牛丼やすき焼きにもキツイ。

●いなりずし
・甘さがきつい。昔は好きで食べ過ぎた反動かも。

●焼きなす
・「味がないなぁ」と思うようになった。

●マグロ
・昔は好きだったんだが、今では生臭く感じてしまい食べられない。

●アスパラガス
・臭みや苦味が分かるようになってからはキツイ。

●カップ麺
・においがもう駄目…。

●たくあん
・昔は食感が好きだったが、今では味が苦手なので口にしなくなった。

●タラコ
・(卵がいっぱいある感じが)気持ち悪いと感じるようになってから嫌いになった。

●魚の目玉
・よくよく見るとキモい。

まとめ・感想

以上、大人になってから嫌いになった食べ物でした。

回答に多いのは、「甘いもの」か「考えるようになったら無理」といったものが多いようです。

「甘いもの」に関しては、チョコや生クリーム、和菓子など、甘さが特に目立つ・くどいものがダメになる人が増えるようですね。

お酒を飲むようになったりするとこれはよく聞く話かと思います。

知育菓子(の色)やたらこ(のツブツブ)、魚の目など、よくよく考えたらキモい…というようなモノも挙げられたようです。

子どもの頃は深く考えることはないですからねw

他にも、「食べ過ぎて反動で嫌いになった」という理由は多いみたいです。

好きなものでもほどほどに・・・。

あなたは、大人になってから嫌いになった食べ物はありますか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑