ドコモ新サービス「VoLte(ボルテ)」 とは

公開日: : 最終更新日:2015/03/28 IT, らいとめNews

docomoが今年の夏モデルから新サービスVoLte(ボルテ)を開始!

VoLte?LTE?なんぞやって人向け。

 

6月1日から開始のVoLte。

従来の3G回線からLTE網のパケット通信を生かした通話回線になる。LTEを使った通話回線は国内初。世界では4番目となる。

 

■CMとかでも最近よく耳にするけど、LTEってなんぞや?

LTEとは、携帯電話の通信規格の一つで、現在の3G規格を高速化させたもの。家庭用ブロードバンド並に早い。

将来的には4Gが登場予定で、その移行をスムーズにするために登場、「3.9G」などと呼ばれる。(LTEを「4G」と呼ぶことが公式に認められているため、自社のLTEサービスを「4G」として売り出している通信会社もある)

3Gを「長期的に進化」(Long Term Evolution)の略称。

 

具体的にどうなんの?

このLTEを使った通話回線になるということで、回線が早いのは分かったが、実際どうなるのか。

・通話音がクリアに
3Gの音声周波数が300Hz〜3.4KHzであるのに対し、VoLTEは50Hz〜7KHzと帯域が広く、音声がクリアに聞こえる。

・着発信が早くなる
平均7~8秒かかっていた着発信が、2~3秒程度で可能に。

・通話しながらの通信がサクサク
回線速度が早いため、通話しながらの動画配信である「テレビ電話」がよりスムーズに動いたり、通話しながら地図アプリを見てもどちらもサクサク機能したりと、スマホに向いた動きとなる。

 

■値段は?

定額で利用可能。詳細はドコモのホームページで

https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/volte/
 

■対応機種

最初は夏モデルの6機種。今後も対応予定。

GALAXY S5 SC-04F
AQUOS ZETA SH-04F
Xperia Z2 SO-03F
ARROWS NX F-05F
AQUOS PAD SH-06F
Xperia Z2 Tablet

 

 

スマホが普及したことでより高速な回線が求められるようになってきたことから登場した規格と言えます。

また、このボルテの発表と同時に導入予定が発表された、通話代の固定プラン。通話代の固定という安心感に加えて、VoLTEの高品質な通話を利用してほしいというドコモの意図があるのだと思います。

VoLTEの高品質な通話のためには、双方がVoLTEであることが基本となってくるため、ドコモはこれから全面に推してくるでしょう。

夏モデルから対応。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうかー!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑