音楽や書籍に付加価値を付ける”特典商法”に賛成か反対か

公開日: : らいとめNews, 芸能

――「特典商法」に賛成か反対か。アンケート結果が発表

昨今、CDやDVD、書籍などに握手券やイベント参加券、特典商品などをつけることで、”付加価値”をつけて販売することは当たり前になっている。

最近では、ゴールデンボンバーが8月に発売したシングル「ローラの傷だらけ」では、こういった特典を完全に取り除き(パッケージも真っ白という徹底ぶり)、CDのみ・音楽のみのリリースをしたことで、話題にもなった。

こういった”付加価値”をつけた商法は、特典商法・AKB商法などと呼ばれ、ネットなどでは批判の対象になることも少なくない。

そこで、今回CDランキング等を扱う大手サイトORICON STYLEがアンケートを実施。

「CD、書籍などの“特典商法”は賛成ですか?反対ですか?」

との調査を行った。消費者側はどのように思っているのだろうか。

特典商法に賛成か反対か

ソース→http://www.oricon.co.jp/news/2042644/full/

■”特典商法に賛成か反対か”

総合結果
YES(賛成)42.2% NO(反対)57.8%

男性
YES(賛成)48.8% NO(反対)51.2%

女性
YES(賛成)35.6.% NO(反対)64.4%

男性では、ほぼ半々で賛成と反対が分かれたのに対して、女性ではかなりの割合が、反対票を占めた。

総合的に見ると、若干ではあるが、「反対」の方が多いようである。

また、男性に関しては、10~30代で見ると、過半数以上が「賛成」に票を投じており、男女間・世代間でのばらつきも大きいようだ。

■YES/NO のコメント・理由

◆YES(賛成)派のコメント例

・「特典がついているとレンタルでいいと思っていた作品も買いたくなる」

・「金銭を支払わずに音楽を聴けるメディアが増えた今、付加価値を付けた販売は自然な流れ」

・「特典商法もやり方次第かと思う」

・「正直あまり好きではないが、そういう時代だと受け止める必要があると思う。」

・「価値観・興味の対象が分散化しているなかで、販売努力は必要だと思う」

・「特典が理由で欲しいなら買えばいいし、いらないなら買わなければいいだけのこと」

など。

“あまり好きではない”とは思っている人でも、ビジネスとしての理解を示している人が多いようだ。

また、無料で聴ける環境であったり、趣味の細分化などにより、そうでもしないと販売が難しいのではないか、との理解も多いようである。

◆NO(反対)派の意見

・「音楽の価値というものを下げてしまう行為」

・「特典がメインとなってしまっている現状では、CDや書籍の本来の意味がなくなるのではないか」

・「特典は嬉しいが、作品で勝負をしてほしい」

・「地方在住だとイベント参加券などは不要。その分安いほうが助かる」

・「価格が高くなるのはNG」

などのコメントが見られた。

やはり、よく指摘される問題点である、「本来の価値・意味」というのを危惧した意見が多いようである。

■まとめ・感想

正直、NO(反対)が多くを占めると思っていた調査だったが、意外にも世間は理解を示しているということが今回の調査で分かった。

特典商品も行き過ぎてさえいなければ、賛同を得られるようである。

あくまでも特典は”付加価値”として、本来の商品がメインから外れなければ、販売側も消費者側も理解し合える関係にありそうだ。

その辺りの限度というか、さじ加減のようなものが今後の特典商法のポイントになってきそうである。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑