加茂市、交通事故防止のために「自転車に乗らないように」呼びかけ

公開日: : 最終更新日:2014/11/18 らいとめNews, 生活

――自転車事故防止のために「自転車に乗らないように」呼びかけ 加茂市

新潟県加茂市は、1日に交通事故防止のために「自転車に乗らないよう」呼びかける文書を市内の全小中学生約2000人に配った。

8月に市内で自転車に乗っていた男子中学生が乗用車にはねられ、死亡した事故を受けて、今回の呼びかけにつながった。

自治体が”自転車を使わないよう”に呼びかけるというのは異例のことであるが、市長は「あんな悲しい出来事があってはならない。命を守るためにこの程度は言わせてほしい」と記者会見で話した。

しかし、この政策に対してネットを中心に「それはちょっと違うのではないか」「行政の怠慢だ」「大人達の責任回避でしかない」など批判的なコメントが相次いでいる。

自転車事故防止のために「自転車に乗らないように」呼びかけ 加茂市

ソース→http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20141001-OYTNT50133.html

■「自転車に乗らないように」呼びかけ

加茂市は、8月に起きた死亡事故を踏まえて、交通事故防止のために自転車に乗らないように呼びかける文書を配布。

文書では、車が走る道路は危険なので、「なるべく自転車に乗らないように」としている。

また、どうしても乗る場合にはヘルメットの着用を求めた。

市内の小中学校の校長からも賛同を得て、児童・生徒とその保護者向けに2種類の文書を作成し、全校で配布したという。

小池市長は、

「車にヒヤヒヤしながら走らねばならず、非常に危険だ。今や自転車に乗ることは楽しいことではない」

と今回の政策の意図を説明。代わりに市営バスの利用を勧めている。

■ネットの反応

小中学生から自転車を奪うのは酷だと思うのだけど

何の拘束力もない意見を表明するよりは、交通ルール叩き込むなり自転車道整備するなりすればいいのに

外に出ると危ないから外にでてはいけない。手を切るかもしれないから包丁を使うな みたいなことか?もう死ぬ危険があるから生きるの禁止しろよ。

市民の交通手段制限とか何考えてるんだ?市内大通りは自転車専用レーン設置、細い道の車の速度制限徹底。これ位してから言え。そうでないならただの職務怠慢。

歩いてても車が危ないことには変わりない。事故があったから引きこもらせるとかいう意味不明な政策。

事なかれ主義の役人の典型。大人達の責任回避を最優先で考えた結果だろ。

自転車業界は営業妨害で訴えていいww

さすがにズレた行政だと言いたくなりますね。

ネットの声にもありましたが、速度規制やレーンを設置するなどの行政努力、危険予知や交通ルールをしっかりと学ばせるなど、事故に合わないよう教育することが先ですよね。

一時的に乗らない人が増えたところで解決にはなってない。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑