「遅寝早起き」のライフスタイル、日本人は働き過ぎ? 各国の都市別可視化グラフが面白い

公開日: : らいとめNews, 生活

――世界の都市別”活動時間”を可視化したグラフが面白い 「日本」は働きすぎ?

日本はよく「働きすぎ」だと言われますが、実際にはどうなのでしょうか。

比較の仕方は色々とあると思いますが、その中でも”生活パターン”からみた指標が面白いのでご紹介。

ライフログを収集するウェアラブルデバイス「UP」「UP24」を販売しているJawboneがデータを分析。

就寝時間・睡眠時間・起床時間・活動時間などを中心として、世界の都市別の生活パターンが可視化されています。

日本人は働き過ぎ?

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9347252/

■睡眠時間

最も睡眠時間が短い都市:東京/日本(5時間44分)
最も睡眠時間が長い都市:メルボルン/オーストラリア(6時間58分)

■就寝時間

最も就寝時間が早い国:ブリスベン/オーストラリア(22時57分)
最も就寝時間が遅い国:モスクワ/ロシア(0時46分)

■起床時間

最も起床時間が早い国:ブリスベン/オーストラリア(6時29分)
最も起床時間が遅い国:モスクワ/ロシア(8時8分)

■歩数

最も歩く国:ストックホルム/スウェーデン(8876歩/日)
最も歩かない国:サンパウロ/ブラジル(6254歩/日)

■可視化データ

青い部分が睡眠、赤い部分が歩行。

色が濃いほどにその行動を取っている人が多いという見方をします。

ニューヨーク/アメリカ

ニューヨーク/アメリカ

 

東京/日本

東京/日本

 

北京/中国

北京/中国

 

マドリード/スペイン

マドリード/スペイン

 

マドリード/スペイン

マドリード/スペイン

各国の文化によってそれぞれ違いが見て取れるのが面白いところ。

東京は下(遅い時間)でも青がまだ薄く短い。そして5時頃には赤になりつつあることが分かります。つまり「遅寝早起き」。

マドリードの昼あたりの青色は、シエスタの習慣があるためです。お昼寝のせいか寝るのは遅いようですね。

ドバイでは2013年7月~8月にかけては日中に眠っている人が急激に多くなります。これは日の出から日没まで断食を行う期間であるラマダーンの影響。

各国の生活スタイルは、その地の文化に大きく左右されることが分かりますね。

■まとめ

これらのデータを統合してグラフ化すると以下のようになります。

世界のライフスタイルまとめ

16時前後はマドリードでシエスタの時間、ブリスベンの人を除くとニューヨークの人は最も眠るのが早く、東京の人の平均睡眠時間はたったの5時間46分。

礼拝のためか10%のドバイの人々は早朝に必ず起床しており、10時前後にモスクワとドバイの人々はなぜか眠ります。北京の人も午後に昼寝する習慣があるようです。

■ネットの反応

通勤にかかる時間についての統計もみてみたい。

その分電車内で熟睡しているという事で一つ!

やっぱ働き過ぎなのかなぁ・・・そういえば週休3日がもっとも生産効率が良いみたいな研究発表もあったっけ

会社で働きすぎということは裏返すと家族生活がおろそかになるという意味だったりする。

早起きしてすし詰めの満員電車に揺られて通勤。長時間労働を強いられ、疲労困憊の末帰宅。こんな人が多いに違いない。で、賃金がどんどん下がり、非正規雇用が増大。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑